「商品の到着を楽しみにしています」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「商品の到着を楽しみにしています」とは? ビジネス用語

ここでは「商品の到着を楽しみにしています」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「商品の到着を楽しみにしています」とは?

「商品の到着を楽しみにしています」は、購入した何かしらの商品が届くのを楽しみに待っているとその相手に伝えるための表現です。

「商品」としているので、相手がくれると言っているものをもらう場合や抽選で当たったものを受け取るような時に使うことはできず、お金を払って購入した場合だけに用いることができる表現です。

ビジネスでの取引ではほとんどがそれだと思いますが、そちらで使うことはまずなく、個人間の取引やBtoCになる商行為で購入したものに対して使うことがほとんどです。

その理由は、ビジネスシーンで使うにはカジュアル過ぎる表現なことと、BtoBで企業間で取引されるものをあまり「商品」とは表現しないためです。

「商品の到着を楽しみにしています」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「商品の到着を楽しみにしています」は、フリマサイトやオークションサイトで購入者に当たる側が出品者に対して使うことが多い表現です。

それらが一般的になってきた近年では特にそのような傾向があり、購入が決まった後に支払いを行い、それと同時にメッセージでこのような送信するといった使い方になります。

必ずしも必要な文言ではありませんが、これによって出品者(販売者)側に悪い印象を与えることはまずなく、お互いに気持ちのいい取引にするために用いるものだと考えていいでしょう。

ですが、中にはこのような余計なメッセージが不要はという相手も居るので、相手の自己紹介などを先に見ることができる場合はそちらを確認しておきましょう。

そのような相手に送ってしまうと逆に気分を害されてしまうことがあるので注意が必要です。

「商品の到着を楽しみにしています」を使った例文

・『この度、そちら様の出品されました商品を落札させていただきました商品の到着を楽しみにしています』
・『早速お振込み処理を行いましたのでどうぞご確認ください商品の到着を楽しみにしています』

「商品の到着を楽しみにしています」の類語や言い替え

・『商品が届きますのを心待ちにしております』
こちらも使い方は同様で、少し丁寧にした形です。

先のように、フリマサイトなどの個人間での取引にて購入した側が使うことがほとんどで、いわゆる定型文として使われていることも多いです。

まとめ

「商品の到着を楽しみにしています」は、購入した商品が届くのを楽しみにしていると相手に伝えるために使います。

BtoC以外のビジネスシーンで使われることはまずなく、多くの場合、個人間の取引で用いられます。

本来立場が強いはずの購入した側が使うので、必ずしも必要ではなく、あくまで礼儀として使う表現になります。

タイトルとURLをコピーしました