「外せない所用があるため」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「外せない所用があるため」とは? ビジネス用語

ここでは「外せない所用があるため」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「外せない所用があるため」とは?

「外せない所用があるため」は、外せない予定があるといった意味で使われる表現です。

そのためにそれはできない、出席するのは難しいなどと続けて使うことになり、断りの表現としてビジネスでもよく見聞きします。

「所用」は特にその内容を表すことなく使える“何らかの用事”という意味になる言葉で、ちょっとした私用から仕事での大事な用事まで全てに対して用いることができます。

そのように、どんな用事があるためと説明することなく相手の誘いなどを断われるため、プライベートでその相手には言いにくい用事がある時や、ビジネスでもあまり事情を説明したくない場合などに向いており、口語、文章のどちらでも便利な表現として様々なケースで使われています。

「外せない所用があるため」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「外せない所用があるため」は、そのために何かを断るといった使い方になり、「外れない」が強くそれは無理だと表すアクセントになっています。

それをつけない「所用があるため」でも同様の使い方ができるものの、断りの表現として少し弱くなるため、そのように使ってしまうと相手によっては「そこを何とか」といったように再度同じことを頼まれる可能性が否定できません。

この「外せない所用」とはっきり表現することで完全な断りの意味になるので、必ず断らなくてはいけないといった場合うまく使うことができます。

そういった事情があると伝えているので失礼になることはありませんが、丁寧にするなら「外せない所要がございまして」などとするといいでしょう。

この前に「どうしても」とつけると更に強く無理だという気持ちを強く出すことができるので、そちらで使われることも多いです。

「外せない所用があるため」を使った例文

・『申し訳ありませんが、外せない所用があるため参加することができません』
・『折角のお誘いではありますが、どうしても外せない所用があるため今回は欠席とさせていただきます』

「外せない所用があるため」の類語や言い替え

・『外せない予定が入っているため』
「外せない所用があるため」は、これから先の未来のことに対する断りの表現になるため、この「予定」としても意味は一緒です。

こちらも「~予定がございまして」などとすると丁寧になるため、ビジネスで他社に対して用いる場合、そのようにして使う方がいいでしょう。

まとめ

「外せない所用があるため」は、何かを断る時に使える表現です。

どんな用事だと具体的に伝えることなく使えるため、便利な断りの表現としてビジネスでもよく用いられています。

タイトルとURLをコピーしました