「多大なるご配慮」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「多大なるご配慮」とは? ビジネス用語

ここでは「多大なるご配慮」という言葉の使い方や言い替え表現について、詳しく見ていきます。

「多大なるご配慮」とは?

「多大なるご配慮」は、とても大きな心遣いのことだと解釈することができます。

よって、相手からこれをいただいたお礼や、是非ともそれをお願いしたいといった使い方をすることが多い言葉です。

前者の場合、実際にはそんなことは無かった場合でも、ビジネスにおける冒頭の挨拶文として用いることがあります。

その手の使い方はメールなどの文章で特に相手を問わず使える表現で、その後で本題に続くという具合です。

この「多大なるご配慮」と表すことができる相手からの何かがあり、それに対するお礼として使う時には、そこまでのものではなかった場合でもこのようにすれば相手を悪い気にさせることはないので、度々用いられている使い方です。

「多大なるご配慮」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「多大なるご配慮」は、ビジネスではそこまでは大袈裟だというくらいの場合でも普通に使われています。

文章で使われることが多く、冒頭の挨拶文に使う場合、「いつもお世話になっております」といった決まりきった文句の代わりにすることができ、そちらよりも丁寧な表現になるので度々用いられています。

ただし、これをお願いしたいと使う場合だけは別で、図々しいお願いになってしまう表現のため、使いどころが難しくなります。

そのため、ここぞという場面でこそ使うものだと覚えておくといいでしょう。

例えば、選挙の際に有権者に対して投票を呼びかけるような場合で、使う方としてはそれだけ必死なのだと思っていいでしょう。

「多大なるご配慮」を使った例文

・『平素は多大なるご配慮を賜り、厚く御礼申し上げます』
・『何卒多大なるご配慮を賜りますよう、お願い申し上げます』

「多大なるご配慮」の類語や言い替え

「格別のご配慮」
意味はほとんど変わることはなく、こちらを使う場合も多いです。

そのまま言い替えることができる表現で、どちらを使っても特に変わることはありません。

「格別のお心遣い」
こちらでもほとんど同じ意味になりますが、冒頭の挨拶文には使えても、これを相手に要求するとは使い難い表現です。

そのため、言い替えになるのは「格別のご配慮」の使い方により、そのように使うよりも、こちらの表現は「多大なるご配慮」の意味そのものだと考えていいでしょう。

まとめ

「多大なるご配慮」は、実際にはそこまでのものではなくとも、ビジネスで度々使われている表現です。

言わば定型表現だと考えると分かりやすく、挨拶文の最初に適している使い方ができます。

タイトルとURLをコピーしました