「天候不順の折」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「天候不順の折」とは? ビジネス用語

ここでは「天候不順の折」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「天候不順の折」とは?

「天候不順の折」は、天気が安定しない様子を表現している言葉です。

そんな中、そういった時期といった解釈になり、そのために何かに注意するようにといったような文章を作るために用いられます。

例えば、そんな時期なので傘を忘れないようになどという具合で、いつ雨が降るか分からない梅雨時に使われることが多いですが、秋の雨が多い時期にも使われたり、天気が安定しない毎日だと世間的に思われている(天気のニュースなどでそのように言われている)時期であればいつでも用いることができます。

多くの場合、何かに注意するべきといった内容が続くことになり、文章で用いられるビジネス向けの表現となっています。

「天候不順の折」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「天候不順の折」は、この後にそんな中なので注意が必要だといったネガティブな内容が続くことがほとんどです。

天気の悪さを意味している言葉なので、どうしてもそのようになってしまいますが、相手に対して注意勧告になる内容やちょっとした気遣いなどにうまく用いることができます。

尚、“天気の悪さ”といった表現を使いましたが、一般的には雨が降ることをそのように表すものの、職種によっては雨が降った方がいいといった場合もあるため、ビジネスシーンでは一概に雨を悪者にはできません。

よって、この「天候不順の折」のような“悪い”という表現を使わない言葉がよく用いられるという一面もあります。

「天候不順の折」を使った例文

・『天候不順の折、お足元にお気をつけてお帰り下さい』

・『天候不順の折、営業時間を短縮する場合があります』

「天候不順の折」の類語や言い替え

・『時候不順の折』
「天候不順の折」と同様の意味で使える言葉です。

言い替え表現に使うことができますが、こちらだと「季節的に」といったニュアンスが強くなるため、主に梅雨の時期に用いられ、それ以外の季節の天気が安定しない期間にはあまり向いていません。

・『天候不良』
こちらは「折」とつけて使うことはできず、そのまま天気が悪いという意味になります。

その日だけを表すために用いられ、「天候不良のため、本日は中止とします」のような使い方になります。

また、直接“悪い”とは使っていないため、ビジネスでも問題なく使うことができます。

まとめ

「天候不順の折」は、天気が安定しない様子を表現するための言葉です。

そのために何かに注意して欲しいといった文章を作るのに用いられ、主にビジネスで使われています。

タイトルとURLをコピーしました