「平素より大変お世話になっております」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「平素より大変お世話になっております」とは? ビジネス用語

ここでは「平素より大変お世話になっております」の使い方やその際の注意点について、詳しく見ていきます。

「平素より大変お世話になっております」とは?

「平素より大変お世話になっております」は、ビジネスの世界で冒頭の挨拶としてよく使われる表現です。

どんな要件の場合でも、まずはこの一文から入るといったように使う定型文で、実際にお世話になったかどうかはともかく用いられるものです。

ビジネスメールではそれを受信する度に文頭で見掛けるほどで、社会人になったからにはまずこの使い方を覚えるべきだと言ってもいいくらいです。

そのビジネスメールだけでなく、送られてくる書類やFAXなどでも同じように文頭で使われるもので、まずこの一文から入れば失礼になることはなく、この後に続く本題への流れを作ることができます。

「平素より大変お世話になっております」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「平素より大変お世話になっております」は、特にこれといった意味を表すものではなく、単に冒頭の挨拶文として使われる表現です。

そのため、初めてのやりとりになる会社や相手に対しても普通に使うことができ、このように使われた方も特にこれに対して意識する必要はありません。

季節を考慮する必要もなく、文章専用の表現となっており、口語で使うことはありません。

意味を考える必要もなく、まずはこの一文から入るものだと覚えてしまって構いません。

一応「平素」を説明すると、常日頃という意味になりますが、特に気にすることはなく、「平素より大変お世話になっております」の形のまま覚えてしまいましょう。

変にアレンジすることなく、このまま使ってください。

「平素より大変お世話になっております」を使った例文

・『平素より大変お世話になっております。さて、先日お話ししました件ですが〜』

「平素より大変お世話になっております」の類似表現

「いつもお世話になっています」
口語で使う場合にはこちらになります。

文章における「平素より大変お世話になっております」と全く同じで、ビジネスでの電話の最初の一言はこれと決まっているようなものです。

「平素より〜」よりもカジュアルに聞こえるかも知れませんが、決してそのようなことはなく、どのような相手であっても最初の一言はこのように話せば失礼になることはなく、その後に要件を続けてください。

まとめ

「平素より大変お世話になっております」は、ビジネス文章全般における最初の挨拶になる表現です。

初めての相手にも使うことができ、ビジネスの世界では定型文として覚えておかなければいけないものの1つです。

タイトルとURLをコピーしました