「心よりお礼申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「心よりお礼申し上げます」とは? ビジネス用語

「心よりお礼申し上げます」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「心よりお礼申し上げます」とは?

「心より」「心の底から本当に」という意です。

同じような表現に「心から」がありますが、「心から」が口語的で日常生活での会話で用いられているのに対し、「心より」は文語的で改まった場面や畏まった場面で用いられています。

「お礼」は感謝する気持ちを表わすこと、感謝の気持ちを言葉や贈り物で表わすことの意です。

「申し上げます」「言う」の謙譲語「申し上げる」に丁寧を表わす「ます」がついたものです。

よってこのフレーズの意味は「心の底から本当にお礼を言わせていただきます」という意になります。

「心よりお礼申し上げます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは謙譲語に丁寧語を加えた語句であるため、上司や目上の人にも使えます。

実際、ビジネスの場面において、メールや会話の中で使われており、結婚式のスピーチなどプライベートの場面でも使用できます。

「心よりお礼申し上げます」の正しい敬語表現

「お礼申し上げる」を修飾する語句として文語的な表現の「心より」が付いていますが、口語的な表現の「心から」とは意味的に違いはなく、使用する場面が日常会話においてか、畏まった場面かの違いがあります。

また、これ以外に使い分けされているのが、「心から」はお祝いや喜びの気持ちを表わしたいときに用い、「心より」はお悔やみやお詫びの気持ちを示したいときに用いるという点です。

ただし、これも厳正な違いではなく、多くの場合で使い分けられているだけであり、どちらでも使えます。

「お礼申し上げます」「お礼」と動詞「言う」の謙譲語である「申し上げる」に丁寧語「ます」が付加された「申し上げます」で構成されたこの言いまわしの謙譲語で、目上の人に心の底から本当に感謝している気持ちを伝える際に使われています。

同様の謙譲語表現として、「感謝申し上げます」「お詫び申し上げます」などがあります。

「心よりお礼申し上げます」の敬語を使った例文

この言いまわしを使用した例文を以下に紹介します。

・『平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます』
・『本日はお忙しいところご足労いただき、心よりお礼申し上げます』

「心よりお礼申し上げます」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『心から感謝申し上げます』
・『心から深謝申し上げます』
・『心からお礼申し上げます』
「感謝申し上げます」「深謝申し上げます」は深い感謝の気持ちを表わす語句で「深謝」の方はやや文語的で畏まった文書などで使われます。

「お礼申し上げます」「お礼」はほぼ「感謝」と同じ意味で、「感謝」よりも柔らかい印象がある語句です。

「心より」の言い替えとしては「心から」があります。

まとめ

この言いまわしは「心の底からお礼を言わせていただきます」という意の敬語表現です。

目上の人や取引先などに対して使用でき、メールや会話でお礼を述べる際はもちろん、スピーチなどのフォーマルな場面でも使えるため、マスターして役に立てましょう。

タイトルとURLをコピーしました