「心穏やかにお過ごしください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「心穏やかにお過ごしください」とは? ビジネス用語

ここでは「心穏やかにお過ごしください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「心穏やかにお過ごしください」とは?

「心穏やかにお過ごしください」は、体調を崩して休んでいたり、そのような状態から回復してすぐの相手に対し、気遣いのために使われる表現です。

この前にどんな状態だと聞きました、回復されて何よりですといったような文言をつけて使われることが多く、身体の心配と共に、心も穏やかにして過ごしてもらえるようにという思いから用います。

それ以外のシチュエーションには合わない表現のため、使える場面が限定されますが、そのような相手に対するお見舞いとしてちょうどよく、このように使われた側も悪い気がすることはまずありません。

文章専門で使われる表現のため、口語で用いることはなく、お見舞いのメール、またはお見舞いになる品に添える手紙などに使われるのが通常です。

「心穏やかにお過ごしください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「心穏やかにお過ごしください」は、相手の身体と心の安定を祈って使われる表現になりますが、いわゆる定型表現の1つと言えるため、そこまで深く意味を気にすることはなく、使える場面でうまく用いることができる表現です。

前述のように、その場面が限られるので、そう頻繁に用いる機会があるものでもありませんが、ビジネスシーンで取引先の相手がそのような状態だと分かった時などにも使うことができ、この後に「またお会いできる日を楽しみにしております」のように続けるのが通例です。

プライベートなシーンでも同様ですが、その手の文言によって更に早く回復して欲しいという気持ちを表現できることになり、定型表現ながら、使われた側もそういった一言がついていると嬉しいものです。

「心穏やかにお過ごしください」を使った例文

・『どうぞ心穏やかにお過ごしください。一日も早いご回復をお祈りしております』
・『決してご無理をなさらず、心穏やかにお過ごしください』

「心穏やかにお過ごしください」の類語や言い替え

・『この機会にゆっくりお休みください』
表現は異なりますが、使えるシチュエーションはほとんど同じで、やはり病中、病後などの相手に対してゆっくりと回復に努めて欲しいという気持ちから用います。

ただし、重い症状の場合には向いていないため、回復までにそれほど時間を要さない程度の怪我やすぐに退院できると分かっている場合などに使われることが多いです。

まとめ

「心穏やかにお過ごしください」は、調子を崩して休んでいる、そこから回復した直後にお見舞いの表現として使われる表現です。

定型表現になるため、ちょうど使える場面があればすすんで用いて構わず、その相手に失礼になることもありません。

タイトルとURLをコピーしました