「手前勝手なお願いで」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「手前勝手なお願いで」とは? ビジネス用語

ここでは「手前勝手なお願いで」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「手前勝手なお願いで」とは?

「手前勝手なお願いで」は、自分勝手なお願いになり、といった解釈で使われる表現です。

「手前勝手なお願いで申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします」といったような使われ方になり、自分(側)の勝手になるお願いをしてしまうという場面で用いられます。

つまり、一方的に相手にそうして欲しいと頼む場面がこれに当てはまり、ビジネスシーンでもそのようなお願いをしたい時に使うことがあります。

ですが、この「手前勝手」はあまりビジネス向けの表現ではないため、「手前」を外して「勝手なお願いで」とだけ使う方がそちらのシーンには向いています。

もう少し形を変えて「勝手なお願いになり」「手前勝手なお願いになりまして」などとする方がよりビジネス向けになり、そういった形で使われていることが多い表現です。

「手前勝手なお願いで」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「手前勝手なお願いで」は、先のようにそのままではなく、少し形を変えて主に文章でビジネスでも使われています。

この表現を使った時には一方的にそうして欲しいというお願いになるため、使われた相手からすると、歓迎するべき表現ではありませんが、自分(側)の都合で何かを変更したい、どうにかそう欲しいといった時に用いるものなので、そのような意味を込めて使った側の事情も汲んでそのお願いを聞くかどうかを決めることになります。

もちろん必ず聞く必要はないため、お願いの内容や両者の関係次第なところが大きく、自分勝手なことをしているという意味になるので、短期間に何度も使うべき表現ではありません。

「手前勝手なお願いで」を使った例文

・『手前勝手なお願いで誠に申し訳ありませんが、どうぞご理解ください』
・『手前勝手なお願いですが、明日の待ち合わせ時間を変更していただきたいのですが』

「手前勝手なお願いで」の類語や言い替え

・『こちらの勝手な都合で』
解釈として自分(側)の勝手で、となり、「手前勝手なお願いで」とほとんど変わることなく使える表現です。

ビジネスに向いているため、そのようなお願いをしたい時にはこちらに言い替えるといいかも知れません。

ただし、そのお願いごとを聞いてもらえるかどうかは一緒です。

まとめ

「手前勝手なお願いで」は、自分勝手なお願いをしてしまうと思った時に使う表現になります。

使われた側が少々困ってしまう表現ながら、そのような事情を汲んでお願いごとを聞いてもらいたいと思って使うものです。

タイトルとURLをコピーしました