「手配が調い次第」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「手配が調い次第」とは? ビジネス用語

ここでは「手配が調い次第」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「手配が調い次第」とは?

「手配が調い次第」は、今は手元や社内にないものが調達出来次第、という意味になります。

ここでの「手配」はそれを準備することという意味になり、それが整ったところで発送しますなどという使い方になる表現です。

「整った」と書きましたが、この表現中の「調い」「ととのい」と発音し、「整い」と使っているのと同じです。

あまり見掛けない漢字の使い方ですが、間違いではなく、文章でこのように用いて何も問題はありません。

ですが、一般には「整い」として、「手配が整い次第」と使った方が分かりやすいため、この「調い」と無理に使うことはありません。

「手配が調い次第」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「手配が調い次第」は、それが調達出来次第という表現になるため、いつになるかと具体的には表していません。

よって、それが数日後なのか、1週間後なのか、はたまた1ヶ月後になるのかこれだけでは分からず、使う方からすると、そうなり次第と伝えるためにうまく使える表現です。

しかし、逆に使われた側からしてみれば、それがいつなのかと再び問い合わせるようなことにある場合もあり、曖昧な表現だと捉えてしまうかも知れません。

使った方からすると、曖昧に答えたはずではなくともそのような捉え方をされる場合があるので、この表現だけでなく、「恐らく1週間も掛からないと思いますので、手配が調い次第~」などと、分かっていることがあればそれを付け加えておくといいでしょう。

「手配が調い次第」を使った例文

・『メーカーからの手配が調い次第、ご連絡させていただきます』
・『それについては当社で手配が調い次第、順次発送となります』

「手配が調い次第」の類語や言い替え

・『準備が整い次第』
準備することが出来次第という意味になり、「手配が調い次第」と同様に使うことができる表現です。

やはり、具体的にいつまでにといったことはこれだけでは分からないため、何か分かっていることがあればそれも添えて用いるのが親切というものです。

それによって、この後に相手からいつになりそうなのかといったような質問をされることもなくなるので、使う方にもその方がメリットがあると考えることができます。

まとめ

「手配が調い次第」は、それが調達出来次第という意味になる表現です。

期日については何も言及していないため、何か分かっていることがあればそれと併せて用いることが多く、このように使われる方としてもそれを別に聞く必要がなくなります。

タイトルとURLをコピーしました