「手配可能です」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「手配可能です」とは? ビジネス用語

ここでは「手配可能です」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「手配可能です」とは?

「手配可能です」は、主にその対象となる物を入手できると伝えるために用いられます。

ビジネスシーンで使われることも多く、それが入荷できるという意味になり、「その商品でしたら、メーカーから手配可能です」といったような使い方になります。

このでの「手配」とは、その会社で製造しているという訳ではなく、先のようにどこかから入荷し、その上で提供できる状態にすることの表現です。

よって、オフィス用品を販売している会社や、商社などがビジネスでお客様となる会社に対して用いる表現になります。

BtoCのシーンでも、エンドユーザーから在庫がない商品に対して問い合わせがあったような時に用いることがあり、その商品を入荷して販売することができるという意味で使われています。

「手配可能です」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「手配可能です」は、販売が伴うシーンだけでなく、提供が可能だという意味で使うこともできます。

例えば、「移動にはタクシーが手配可能です」のように用いるという具合で、この場合には移動するためにタクシー(の配車)を提供できるという解釈になっています。

また、人を集めるという意味で「専門の人間を2人ほど手配可能です」のように使うこともでき、ビジネスシーンではそのような使い方もよく見聞きします。

口語、文章のどちらでも使える表現のため、様々なシーンでその両方で用いられており、前述の何かの物を販売するために入荷できるという解釈で使われる際には、普通に販売はしていないような特別な物だということもあります。

「今回に限り、特別に手配可能です」といったような特別対応と言える場合にも使えるという訳です。

「手配可能です」を使った例文

・『そちらの商品は、10日ほどお時間をいただければ手配可能です』
・『必要になる物がありましたら、大抵の物は当社にて手配可能です』

「手配可能です」の類語や言い替え

・『用意することができます』
この表現における「用意」も、提供ができる状態にすることと解釈されます。

よって、「手配可能です」と同じように使うことができ、どこかからの入荷が必要で販売する物に対しても問題なく使える表現です。

こちらの方が幾分やわらかな表現になるため、その点を考慮して場面によって使い分けるといいでしょう。

まとめ

「手配可能です」は、何かを提供することができるという意味になります。

その対象は商品からサービス内容などまで広く、ビジネスシーンでも色々な使い方をされている表現です。

タイトルとURLをコピーしました