「拙い文章ではありますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「拙い文章ではありますが」とは? ビジネス用語

「拙い文章ではありますが」のビジネスおける使い方や注意点、例文などについて分かりやすく解説していきます。

「拙い文章ではありますが」とは?

「拙い文章ではありますが」というのは、上手くない文章ですが。

のように自分の書いた文章を謙遜する時に使う言葉になります。

もちろん日常生活でも多く使う言葉ですが、ビジネスにおいてもよく使われます。

「拙い文章ではありますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスで「拙い」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

例えば、上司に頼まれた文章を提出する際に「すみません。

拙い文章ですが」
という具合に言葉を添えたりします。

また、アメリカに旅行に行って現地のアメリカ人と英語で話したときに、英語話せるの?と聞かれ「拙い英語ですが」と謙遜するときに使います。

このように「拙い」は、主にへりくだったり、謙遜するときに使うことがほとんどです。

「拙い文章ではありますが」を使う時の注意点ですが、へりくだったり、謙遜したりするときに使う言葉です。

しかし、使い過ぎには注意が必要です。

あまり、頻繁に「拙い」を使用すると嫌味に聞こえてしまったり、相手に不自然な印象を与えてしまう可能性があります。

目上の人などに好印象を与えるチャンスです。

くれぐれも逆効果にならないよう気をつけてください。

「拙い文章ではありますが」を使った例文

「拙い」に注目して、以下に例文を挙げます。

・『拙い私ですがよろしくお願いいたします』
・『腕前がまだ拙かった』
・『拙い説明であった』
・『拙い歌声であったけれど、感動した』
などが挙げられます。

「拙い文章ではありますが」の類語や言い替え

「拙い文章ではありますが」の類語や言い替えについて解説します。

「拙い文章ではありますが」の類語には、下手・不器用・上手くない・未熟などがあります。

次に言い替えについて挙げます。

「まだ、下手くそですが」「不器用ではありますが」「全然上手くないのですが」「まだまだ、未熟ですが」などのように言い替えることができます。

まとめ

このように「拙い文章ではありますが」は、日常生活においてはもちろん、ビジネスシーンにおいても覚えておくと便利です。

使用できる場面も多く、他の人と少し違う言い方をすることで、大切な相手に好印象を与えることが可能です。

ライバルの一歩先を行くことができるでしょう。

しかし、前述したようにあまり頻繁に使用すると、嫌味になってしまうので注意が必要です。

正しく理解して間違いのないように使ってください。

タイトルとURLをコピーしました