「拙い説明ですみません」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「拙い説明ですみません」とは? ビジネス用語

ここでは「拙い説明ですみません」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「拙い説明ですみません」とは?

「拙い説明ですみません」は、説明がうまくなかったことに対するお詫びとして使われる表現です。

「拙い」は難しい漢字ですが、「つたない」と発音し、「うまくない」といった解釈になります。

主な使われ方として2つあり、1つは何かの説明が終わった後に自ら使う場合で、もう1つはその説明に対し、相手から分かりにくいといった旨を伝えられた時にそれを詫びて使う場合です。

前者では自分のした説明があまりうまくなかったと思って使う訳ですが、そうでなくとも謙遜として用いることがあり、説明の最後にこのようにつけておけば悪い印象は与えないだろうと思ってのことです。

相手から自分の説明に対して指摘があり、その返答に使う場合は、最初にこのように用いて、その後に説明への捕捉や分かりにくかった点への回答などを行います。

「拙い説明ですみません」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「拙い説明ですみません」は、先のように2つの使い方があります。

口頭、文章のどちらでもその2通りがあり、自ら説明の後に使う場合には、その後にこのようにつければいいだけです。

相手からの指摘に対しての場合、それに対する回答の前にクッションとして入れる表現で、「拙い説明ですみません。

その部分に関しましては~」
のような使い方になることが多いです。

ビジネスシーンではこれをもう少し丁寧にして、「拙い説明で申し訳ありません」とした方が向いており、実際にもそちらの方がよく使われています。

「拙い説明ですみませんでした」とする手もありますが、こちらはだとそれほど丁寧になっていないため、通常は「~申し訳ありません」の方がいいでしょう。

「拙い説明ですみません」を使った例文

・『拙い説明ですみません。ご質問の点ですが、改めて詳しい資料をご用意させていただきます』
・『ご案内は以上になります。拙い説明ですみません』

「拙い説明ですみません」の類語や言い替え

「拙文ではございますが」
文章での説明の場合に、その後に使う時にはこちらを用いて、更に「何かご不明な点はありますでしょうか」のように続けます。

そのように使うと「拙い説明ですみません」の代わりにすることができますが、無理にこちらに言い替える必要はなく、そのような表現もあるという程度に覚えておけばいいでしょう。

まとめ

「拙い説明ですみません」は、こちらの説明があまりうまくなかったことに対するお詫びの表現ですが、自ら先に謙遜として使うこともできます。

その場合を除き、説明不足だった部分への回答の前のいいクッションになるので、この後に肝心の内容を続けてください。

タイトルとURLをコピーしました