「改めてご連絡いたします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「改めてご連絡いたします」とは? ビジネス用語

「改めてご連絡いたします」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「改めてご連絡いたします」の意味

意味は再度、連絡すると言う意味になります。

再度の理由により、敬語の使い方が変わってきますので、その辺りを含めて、いかに述べていきます。

「改めてご連絡いたします」の敬語での使い方や表現方法

「改めてご連絡いたします」の敬語での使い方を見ていきましょう。

改めての意味合いを伝えるのが良い

気を付けなければいけない事は、相手に自分の件は後回しにされたと思われてしまうと損をします。

その為に、改めて連絡する意味を追加するのが、相手が理解しやすく、丁寧であり、失礼にもならないからです。

ではその意味合いとは何でしょうか。

理由は職種や業種によって、様々なケースがありますが、具体的な理由を分かり易くするために、挙げていきます。

A.自分自身、あるいは自社内での検討や確認が必要である場合、B.自分では即答できないので、回答できる担当者に確認するなり担当者の方から連絡を入れる場合、C.物量などでは担当者を手配する必要があり、その確認・調整が必要な場合、D.取り扱っている商品や製品の在庫状況確認や次の入手時期等の確認が必要である場合等が挙げられます。

ここでは全てを列挙する訳にはいかないので、自分の仕事に対して、当てはめて、一度、理由を列挙してみましょう。

具体的に理由を記載、伝えるには

「社内の確認が必要ですので、改めてご連絡いたします」「別の担当者の方から、改めてご連絡いたします」「担当者の手配状況を確認した上で、改めてご連絡いたします」「在庫状況を確認の上、改めてご連絡いたします」などです。

この様な確認行動を行なう際、「暫くお待ち下さい。

確認してまいります」
と電話口で相手を待たせる行為は避けた方が良いです。

それよりも、一旦、電話を切ってから、再度、連絡をした方が相手の事を配慮した行為である事は、簡単に理解できるでしょう。

理由が分かれば、相手も納得できるので、時間に間が空く事はやむを得ません。

ここでは、上の理由の順に具体例を挙げさせて頂きました。

もう少し、丁寧な言い方にするには

もう少し、「改めてご連絡いたします」を丁寧な別の言い方にするには、「改めてご連絡させて頂きます」と言えます。

「詳細が分かり次第」、あるいは「明日中に」の様な時間に関する情報を入れるのも良い方法です。

「改めてご連絡いたします」の言い換えや使用例

・『社内の確認が必要ですので、改めてご連絡いたします』
・『別の担当者の方から、改めてご連絡いたします』
・『在庫状況を確認の上、改めてご連絡いたします』

まとめ

ポイントは、電話口で、相手を待たせる行為は避けるべきであり、その意味から「改めてご連絡いたします」と言います。

また、なぜ、改める必要があるのかを述べておくと、より丁寧な説明になりますので、上手く活用して下さい。

コールセンターの対応を参考にする事も良い例を探す方法です。

タイトルとURLをコピーしました