「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」とは? ビジネス用語

ここでは「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」とは?

「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」は、この連絡の後にもう一度連絡をしたいのですがという意味になります。

この時点で連絡をしているので、何故そのようなことを伝えるのかと言えば、この時には何かが決まらなかった、その相手が忙しくて時間をとってもらえなかったといったような場合になります。

具体的には「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが、ご都合のよろしい日時はございますでしょうか」などという使い方になり、この例では相手が問題なく次の連絡に対応できる日時を聞いています。

ここでの「改めて」「もう一度」と言い替えることができ、表現の堅さから主に文章で用いられています。

「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」は、もちろんですが、その必要があって使われます。

そして、とても丁寧な表現となっているため、相手はビジネスシーンでの他社になることが多く、ビジネス上で必要なために用いられると考えていいでしょう。

注意点として、この表現を使って相手に次の連絡をしても構わない日時を聞いたとしても、その日時にこちらの都合が悪くては何もなりません。

そのため、「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」の後に「来週中でしたらいつでも結構ですので」などと続けて、その後に相手の都合を聞く文言をつけるという文章にして使うといいでしょう。

ビジネスシーンにおいてはそのように使うことで、余計なやり取りを省くことができ、相手にもその手間をとらせることもありません。

「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」を使った例文

・『改めてご連絡させて頂きたいと存じますが、来週の午後でしたらいつでも構いませんので、そちら様のご予定をお聞かせください』
・『改めてご連絡させて頂きたいと存じますが、今週中にお時間をとっていただけますでしょうか』

「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」の類語や言い替え

・『「改めてご連絡させて頂きたいのですが』
「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」では少々仰々しい表現になるため、こちらにした方がナチュラルな文章を作れることも多いです。

口語で使う場合にはこちらの方がむいており、このように言い替えても特に失礼になることもありません。

まとめ

「改めてご連絡させて頂きたいと存じますが」は、もう一度連絡をしたいのですがという解釈になる表現です。

その必要があって用いられるもので、こちらからその連絡に都合のいい日時を一緒に伝えるような使い方をするとその後のやりとりがスムーズになります。

タイトルとURLをコピーしました