「早速」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「早速」とは? ビジネス用語

ここでは「早速」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「早速」とは?

「早速」は、速やかに、またはすぐさま行うことを表現する言葉です。

使い方としては、「早速のご対応、ありがとうございました」のような形になり、この場合、速やかに何かの対応をしてくれたことに対してのお礼となる用い方です。

「早速到着しました」といった使い方をすることもでき、こちらはすぐに到着したと伝えている使い方となっています。

このように、誰かがこちらに対して速やかに何かを行ってくれたという場合に使えるだけでなく、こちらが速やかに何かを行ったという用い方もできる言葉で、「早速発送しました」とした時には、すぐ発送しましたと言っているのと同じになります。

使う相手を選ばない言葉なので、上司や目上の人に対して用いても失礼になることはありません。

「早速」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「早速」は、口語、文章のどちらでも使うことができ、発音は「さっそく」とすることが多いです。

「そうそく」とも読むことができますが、そちらはあまり一般的ではないため、口語で使う場合には「さっそく」と使うのが通常となっています。

この後に続ける助詞が限られている言葉なので、速やかに行うことに対してどんな使い方でもできる訳ではなく、相手が何かをそうしてくれたという受け身で使う場合には先のように、「早速の」と続けて使われます。

こちらが主導になる使い方の時には「早速」のみ、もしくは「早速で」とするもので、後者は「早速で申し訳ありませんが~」などと使う場合になり、この使い方の解釈はすぐのことで申し訳ないとなり、相手との会話ですぐに本題に入るような時に用いられる形です。

「早速」を使った例文

・『早速のお電話、ありがとうございます』
・『早速お送りいたしましたので、お受け取りいただけましたらご連絡ください』

「早速」の類語や言い替え

・『早々』
「そうそう」と発音し、意味は「早速」と同じです。

ただし、用い方によってこの後に続ける適切な助詞が多少異なるので注意が必要です。

受け身で使う時の「早速のご対応~」は、そのまま「早々のご対応~」のままで構いませんが、こちらの主導になる使い方の「早速対応いたします」は、「早々に対応いたします」と言い替えることになります。

「早速で申し訳ありませんが~」だと、「早々のことで申し訳ありませんが~」とするとよく、意味するところは一緒ですが、このような多少の使い方の違いがあります。

まとめ

「早速」は、速やかな様子の表現になる言葉です。

素早い様子を表すために使われるもので、相手がそのように何かをしてくれた、こちらがそのように行った、またはすぐにそうしたいといったような使い方をすることができます。

タイトルとURLをコピーしました