「時節柄」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「時節柄」とは? ビジネス用語

ここでは「時節柄」の使い方やその際の注意点などを詳しく見ていきます。

「時節柄」とは?

「時節柄」「時節」とは、時期と季節の両方を兼ね備えた表現となっています。

意味はそういった“時期やタイミングなので”となり、時期、季節のどちらの意味でも使うことができます。

ここで言う時期とは、世間的な流行りや何かで有名な期間なども含めた表現になるので、ちょうど何かの病気が流行っているような時や受験のシーズンといったものもカバーすることができるため、とても使い勝手に優れている言葉です。

季節のこととして使う場合、そのまま「季節柄」と言い替えても構いませんが、「時節柄」でそちらの意味にもなるため、これを覚えておけば遭えて「季節柄」と使う必要はありません。

「時節柄」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「時節柄」は様々なタイミングで使うことができるため、特にビジネスではある時期や季節だけのしか使えない挨拶表現よりもよく見聞きします。

口頭でも使うことができますが、メールなどの文章の方が使うには向いており、下に色々な例文を挙げておきますが、そのような色々な使い方ができる表現で、特定の季節などと関係なくいつでも使える点がとても便利です。

ただし、この言葉と共にどのような意味で使ったのかを説明するような内容をつけ加えるもので、例えば、梅雨の時期には「時節柄、雨がちで憂鬱な日が続きますが~」などとして使います。

その内容がないとこの言葉だけでは意味を成さないため、使う場合には全体的な文章としての構成を考えておく必要があります。

「時節柄」を使った例文

・『時節柄、風邪などひきませんようご自愛ください』
・『時節柄、悪い病気が流行っているようですのでどうぞご注意ください』
・『このような時節柄なので、水分補給にお気をつけてお楽しみいただければと思います』

「時節柄」の類語や言い替え

「時分柄」
「季節柄」「季節」だけにしか使えない表現ですが、この「時分柄」「時節柄」と同じく、それと「時期」の両方に対して用いることができます。

しかし、現在ではあまり使われておらず、古典などの昔の文章で見掛けることの方が多い言葉です。

そのため、意味が変わらない「時節柄」とした方が伝わりやすく、こちらを使っているのはそれほど見掛けません。

まとめ

「時節柄」は特定の季節や時期に限らず、使いたいタイミングでそれに絡んだ内容と合わせて用いることができる言葉です。

「季節柄」の意味を兼ねているので、こちらだけ覚えておけばいいという点も優れており、ビジネスシーンでは挨拶文の一部としてうまく使うことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました