「書き方が悪くてすみません」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「書き方が悪くてすみません」とは? ビジネス用語

ここでは「書き方が悪くてすみません」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「書き方が悪くてすみません」とは?

「書き方が悪くてすみません」は、こちらが書いた何かについて、分かりにくい部分がある、こう捉えて構わないのか(それが間違っている)といったようなことを言われた際に、理解し難かったことや、そのような誤解をさせてしまったことに対してお詫びとして用いられます。

「書き方」としていることから、文章でその相手に何かを伝えた時、または多数の人が見ることができるホームページなどに掲載した文章などが対象になり、それについて先のような質問や問い合わせがあった時に使います。

この表現の後に、「ご質問の件ですが~」のようにその相手の知りたいことを続けて回答をすることになりますが、こちらの書き方が悪かったという前提になるため、それを踏まえた回答内容にするように注意してください。

「書き方が悪くてすみません」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「書き方が悪くてすみません」と使ったからには、そのために新たな説明や解説などが必要になります。

そちらについては文章にする必要はなく、口語での回答になっても構いません。

または、こちらが書いた文章への質問などをもらった時に使う表現ですが、それも文章とは限らず、例えば、電話でホームページに掲載した内容について、このようなことなのかといった問い合わせをもらうような場合があります。

中にはどう見ても理解が簡単なことに対してそのゆな問い合わせなどがあるかも知れませんが、そんな時でも謙って使うのがこの表現となっており、相手はビジネスシーンであれば他社、BtoCならお客様といったことが多いです。

「書き方が悪くてすみません」を使った例文

・『書き方が悪くてすみません。そちらにつきまして、以下に詳しい説明を記載します』
・『書き方が悪くてすみません。分かりづらかったかも知れませんが、それについては有料となります』

「書き方が悪くてすみません」の類語や言い替え

・『言葉足らずで申し訳ありません』
同様の意味で使える表現となっており、口語、文章のどちらでも使うことができます。

こちらとしては十分な内容だと考えている場合でも、やはり謙ってこのように使うのが礼儀だというシーンで用いるものです。

まとめ

「書き方が悪くてすみません」は、こちらの書いた文章についての質問などに対し、分かりにくくてすみませんといった意味になります。

このように使ったことで失礼になることはなく、スムーズに本題となる回答内容へ繋げられる表現です。

タイトルとURLをコピーしました