「最後になりますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「最後になりますが」とは? ビジネス用語

ここでは「最後になりますが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「最後になりますが」とは?

「最後になりますが」は、そこまで続けてきた内容に加えて、もう一言だけ述べたい内容がある時に用いられる表現です。

多くの場合、相手の身体を気遣ったり、今後の発展や成功を祈る文言が続くことになり、「最後になりますが、寒い季節故どうぞご自愛ください」といったような挨拶文にして文章を締めくくるという使い方をするもので、口語ではあまり使われず、文章で用いられることがほとんどになります。

「最後になりましたが」と語尾を少し変える使い方をしてもよく、ビジネスシーンではそちらで使っていることも多いです。

先のような「季節故〜」のような使い方は、無理にこの表現を使うことなくそのまま記載しても意味が変わることはありませんが、遭えて「最後になりますが」とその前につけて使うことで、後に続く内容を多少強調できるという利点があります。

「最後になりますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「最後になりますが」は前述のように、無理につけることはない表現ながら、文章のテクニックとして使っていることも多いと考えてください。

特にビジネス文章ではそのような抑揚とも言えるものも必要なので、文章の最後でそこまでの内容とは別に、この「最後になりますが」と使った一文で締めることで綺麗に終わらせることができます。

同様に使える表現がいくつかありますが、それらの中ではスタンダードな形になるため、相手を問わず使うことができ、誰に対して使っても失礼になることはありません。

「最後になりましたが」と少し語尾を変えた使い方でも同じく、下で1つ紹介する少し難しい表現を使うよりも素直に見えることから、若い人が使うのに向いていると言うことができます。

「最後になりますが」を使った例文

・『最後になりますが、貴社のますますのご清栄をお祈り申し上げます』
・『最後になりますが、時節柄、お身体にはくれぐれもお気をつけください』

「最後になりますが」の類語や言い替え

・『末筆ながら』
「末筆ながら、ご多幸をお祈り申し上げます」のように、「最後になりますが」と同様に文章の締めとなる挨拶文を作ることができます。

ただし、堅い表現になるため、年配の人向けとなっており、相手がそうではない場合には無理にこちらに言い替える必要はありません。

まとめ

「最後になりますが」は、文章の最後にもう1つ言いたいことをつけ加える時に使われる表現になります。

遭えてこのように使ってそれを述べることで、その内容を強調することができるため、ビジネスでは文章のテクニックとして使われることも多いです。

タイトルとURLをコピーしました