「朝晩冷え込みますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「朝晩冷え込みますが」とは? ビジネス用語

ここでは「朝晩冷え込みますが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「朝晩冷え込みますが」とは?

「朝晩冷え込みますが」は、冬の季節の挨拶表現に使われます。

文字通り、朝や晩が冷え込むようになったと感じた時期から使える表現で、具体的には11月の中旬以降に使われるものです。

真冬と言える12月の下旬から翌2月の上旬くらいまでの間には「朝晩とても冷え込みますが」のように、更に寒いといった表現にするとよく、この後にご機嫌伺いの文言をつけると冒頭の、相手に身体を気遣う表現をつけて使うと文末の挨拶文として使うことができます。

使える季節が冬に限定されてしまい、真冬となる季節になってしまうとあまり向かなくなってしまうため、秋も終わって冬になったと感じるタイミングから少しの間が使うのにちょうどいい時期で、口頭で使うことはなく、メールや手紙などの文章のみで用いられる表現となっています。

「朝晩冷え込みますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「朝晩冷え込みますが」は、この後につける文言次第で冒頭、文末のどちらにも使える挨拶表現です。

朝晩が冷え込む季節になったという内容から、ビジネスでの冒頭の挨拶文にはあまり向いていませんが、文末であれば問題なく使うことができます。

ビジネスシーンで冒頭の季節の挨拶表現を使いたい場合、この表現ではなく、12月頃にちょうど合うものを選んだ方がいいでしょう。

よって、仲のいい間柄でのメールや手紙のやりとり以外で使う場合には文末の締めにするのがよく、誰に対して使っても失礼になることはありません。

注意点として、「冷え込む」と肌感覚的な表現を使っているため、11月の中旬過ぎでも今年はまだそれほど寒くないといった時には使わない方がよく、実際にそう感じるようになってからが使ってください。

「朝晩冷え込みますが」を使った例文

・『毎日朝晩冷え込みますが、いかがお過ごしでしょうか』
・『朝晩冷え込みますが、どうぞご自愛のほどお願い申し上げます』

「朝晩冷え込みますが」の類語や言い替え

・『冬の訪れを感じる今日この頃』
こちらも11月の中旬くらいから使える挨拶表現で、朝晩が寒くなったきたことを「冬の訪れ」という言葉で言い替えています。

「朝晩冷え込みますが」と同様に、冒頭、または文末の挨拶文に使うことができ、この後に続ける文言も同様になります。

まとめ

「朝晩冷え込みますが」は、冬になったと感じる時期に向いている挨拶表現になります。

まだそこまでは寒くないという間に使うもので、ビジネスでは文末の締めとして用いるのが一般的です。

タイトルとURLをコピーしました