「格別のご配慮をいただき」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「格別のご配慮をいただき」とは? ビジネス用語

ここでは「格別のご配慮をいただき」の使い方や言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「格別のご配慮をいただき」とは?

「格別のご配慮をいただき」は、特別に心配りをしてもらったことに対する感謝の意味として使われる表現です。

そのため、そういったことがあった後にそのお礼として使うものと考えてしまいますが、実際にはビジネス文章における最初の挨拶を兼ねた序文として用いられることがほとんどです。

つまり、定型表現の1つで、特にそんなことが無かった場合でも普通に使うことができます。

何度か電話やメールなどでやりとりがあったり、実際に面識のある相手だけでなく、今回が初めてになる相手であっても問題なく使えるので、そういうものだと覚えてしまってください。

「格別のご配慮をいただき」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「格別のご配慮をいただき」は先のように、ビジネスにおける定型表現の1つです。

BtoBだけでなく、BtoCでのお客様になる人への冒頭にもよく使われており、単語として見ていくと結構なことをしてもらったので感謝したいといった響きを感じることができるものの、そこまで意味はなく使われているのが実情です。

口頭で使うことはまずなく、文章専門の表現になり、ビジネスシーンではこのように文頭で使える似た表現がいくつかありますが、いずれも無理に意味を解釈する必要はなく、場合に応じてそのまま使えばいいだけです。

よって、相手からこう使われたとしても、それほど感謝されるようなことをしたのかなどと思い返す必要はありません。

尚、この「格別のご配慮をいただき」は、その前に「平素より」とつけるのが一般的で、更に下の各例文のようにすぐ後にお礼となる文章を続けるものです。

定型文として、それらと合わせて覚えておくといいでしょう。

「格別のご配慮をいただき」を使った例文

・『平素より格別のご配慮をいただき、誠にありがとうございます 』
・『平素より格別のご配慮をいただき、厚く御礼申し上げます』

「格別のご配慮をいただき」の類語や言い替え

「格別のご高配を賜り」
少し堅くした表現です。

例文のような実際に文頭で使える文章にすると、「平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」のようになり、堅い表現になっている分、その後も「誠にありがとうございます」より、この「厚く御礼〜」とする方が向いています。

まとめ

「格別のご配慮をいただき」は、意味としては特別な心配りに対する感謝を表していますが、ビジネスにおける定型表現の1つで、そこまで意味を気にせずに使われることがほとんどなので、そういうものだと覚えてしまうのが一番です。

タイトルとURLをコピーしました