「楽しい時間」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「楽しい時間」とは? ビジネス用語

ここでは「楽しい時間」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「楽しい時間」とは?

「楽しい時間」は、その時が楽しかったという意味で使います。

「とても楽しい時間を過ごさせていただきました」といったような用い方が多く、主に他社や目上の人の誘いを受けた後の感想として使われます。

直接ビジネスに関係する表現ではありませんが、そのような誘いの後のマナーのようなもので、飲食や飲酒を伴う場だった時のお礼として後日に文章で使われることが多いです。

実際のところ、他社からの誘いだったり、目上の人からの誘いでは楽しめないという場合も多いものですが、それとは別に形だけの定型的な表現として、このように使っておけば失礼になることはなく、相手に悪い印象を与えることもありません。

つまり、多少なりともビジネスが絡む先のような場があった時には、この表現をうまく使うのが1つの礼儀になると考えてください。

「楽しい時間」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「楽しい時間」は、前述のようにそれを過ごさせていただきましたという使い方をすることが多いですが、「とても楽しい時間でした」「時を忘れるほどの楽しい時間になりました」のような用い方をすることもできます。

いずれの場合も社交辞令であることがほとんどなので、前後の文章と違和感なく用いることができれば構いませんが、ほんのちょっとした場に対して使うと大袈裟になってしまう懸念があるため、それなりの時間をかけた飲食や飲酒の場、または何かの催事ごとへの誘いなどの後が合っています。

後日に用いるだけでなく、その直後に口語で直接相手にこのように伝えることもあり、ビジネス以外でも目上の人からの食事などの誘いに対して使うことができます。

「楽しい時間」を使った例文

・『おかげさまでとても楽しい時間を過ごすことができました』
・『先日はお誘いありがとうございました。すごく楽しい時間になりました』

「楽しい時間」の類語や言い替え

・『有意義な時間』
こちらを使ってもそれほど意味が変わることはなく、「とても有意義な時間になりました」などと使われます。

飲酒を伴う場にはあまり向いていませんが、食事だけの場や催事ごとの後に適しており、「楽しい時間」よりビジネス向けになる表現ですが、個人的な誘いの場合にも使うことができます。

まとめ

「楽しい時間」は、一種の社交辞令として、食事や飲食の場、または催事ごとへの誘いの後に礼儀として使われます。

その時間がそれだったという用い方になり、このように使われた側は決して悪い気はしないものです。

タイトルとURLをコピーしました