「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」とは? ビジネス用語

ここでは「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」とは?

「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」は、この表現の通り、秋の爽やかな季節の挨拶文に使われています。

「秋晴れ」はそのような時期の象徴と言える言葉で、10月の上旬から中旬を過ぎて肌寒くなってくるまでが使うのにちょうどいいタイミングです。

この後に相手に対するご機嫌伺いになる文言をつけて冒頭の挨拶文となり、口語で使うことはなく、文章で用いられます。

ビジネスシーンでの他社へ送るメールや、親しい間柄で手紙のやりとりをする際などで使われることが多く、このような季節にピッタリのクッション文章になります。

ご機嫌伺いまでを定型文として、その後に肝心の本文が続くといった具合になり、相手は個人、企業のどちらでも問題なく使うことができます。

「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」は、使える季節であれば冒頭の挨拶文として積極的に用いて構いませんが、天候の問題も少し考慮する必要があります。

秋には秋雨と呼ばれる雨が多くなる時期があるもので、明らかに毎日がそのような天気の場合にはこの表現にある「秋晴れ」とは程遠いため、使うのは見合わせた方がいいかも知れません。

その季節なりの挨拶表現の中でも、このような天候が絡むものは総じて少なくとも使う時点でそれに合っていないとあまり使うべきではなく、それ以外の表現に変えることも考えないといけません。

以下の類似表現で、この時節に使うことができるそういったものをいくつか挙げておきます。

「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」を使った例文

・『爽やかな秋晴れが続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか』

・『爽やかな秋晴れが続く今日この頃、貴社益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます』

「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」の類語や言い替え

・『秋の気配を全身で感じられる今日この頃』
こちらの表現であれば、天候に関係なく使うことができます。

使える時期は同様で、ビジネスにも問題なく使うことができます。

・『すっかり秋めいてきました昨今』
この表現もまた、10月の上旬から肌寒くなるまでの期間に使うことができます。

上と同様に天候とは関係ないため、それを気にして表現を選ぶという必要がなく、ビジネスでもよく見掛ける表現です。

まとめ

「爽やかな秋晴れが続く今日この頃」は、秋の爽やかさを表現している挨拶表現です。

そのような時節によく合った挨拶文を作ることができますが、天候には少し注意をして使うことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました