「爽秋の候」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「爽秋の候」とは? ビジネス用語

ここでは「爽秋の候」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「爽秋の候」とは?

「爽秋の候」は、爽やかな秋の季節の頃といった意味になる言葉で、そのような時期に挨拶文に使われる表現になります。

この言葉で始まり、続けてご機嫌伺いになる文言が続き、文章になるという具合です。

いかにも秋だというシーズンを表している表現なので、それ以外の時期には合わず、10月の上旬から中旬を過ぎたくらいまでの寒くなってくる前までがこの言葉を使う最適なタイミングになります。

もう暑くもなく、まだ寒くもなっていないといった時期に使うものなので、後に続く文言も限られており、それと合わせて定型文としてこの季節にビジネスや手紙のやりとりなどで活用されています。

「爽秋の候」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「爽秋の候」は、ちょうど使える時期の文章の冒頭を飾る表現になります。

ビジネスシーンでは他社へのメールや挨拶状などで使うことができ、プライベートな親しい間柄でもよく用いられます。

冒頭専門の表現になるため、それ以外の使い方はまずしませんが、この表現を使った文章を定型文として保存しておくと、使うことができる時期にとても便利です。

この「爽秋の候」だけに限らず、その季節ならではの冒頭の挨拶文を作ることができる「~の候」といった言葉はいくつもあるので、それぞれの季節ごとに作った定型文をまとめておくと、ビジネスではとても役に経ちます。

下の例文では2つ目がそのようなビジネス向けになります。

「爽秋の候」を使った例文

・『爽秋の候、いかがお過ごしでいらっしゃいますか』

『爽秋の候、貴社益々ご清栄の段お慶び申し上げます』

「爽秋の候」の類語や言い替え

・『清秋の候』
「爽秋の候」と同様に使える表現です。

「清秋」が秋の爽やかさをよく表しており、見た目から似ているようにそのまま言い替え表現になります。

もちろんビジネスでも問題なく使うことができ、秋という季節ならではの綺麗な表現です。

『秋晴の候』

こちらは秋の爽やかさを「秋晴」という言葉で表現しており、使える時期や意味も「爽秋の候」とほとんど変わりません。

いかにも秋の清々しい季節の中といった意味で使う挨拶表現は、この3つの「~の候」の中から好きなものを選んでいいでしょう。

まとめ

「爽秋の候」は、秋の季節の爽やかさが前面に出ている挨拶表現です。

この後にご機嫌伺いをつけて定型文として、そのような季節にちょうど合う冒頭の挨拶文に使われています。

類語で挙げた他の2つのも同様の使い方ができるため、どれを用いても構いません。

タイトルとURLをコピーしました