「猛暑も過ぎ去り」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「猛暑も過ぎ去り」とは? ビジネス用語

ここでは「猛暑も過ぎ去り」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「猛暑も過ぎ去り」とは?

「猛暑も過ぎ去り」は、季節的にもう秋だと感じられる頃の挨拶に使うことができる表現です。

よって、文章のみで用いられるもので、冒頭の挨拶文で使われます。

この後に続けて秋らしい表現をつけて使うのが通常となっており、そのような季節ですがご機嫌はいかがでしょうかといったような形の挨拶文になります。

挨拶文としての使い方はそのようになりますが、文章の途中で使うこともでき、その場合は暑い時期ではなくなったことでどのようになる、今までとは何かが変わるといったような内容にすることが多いです。

例えば、趣味のやりとりで「猛暑も過ぎ去り、そろそろツーリングに適している季節です」のような具合です。

「猛暑も過ぎ去り」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「猛暑も過ぎ去り」を挨拶文で使う場合には、先のように秋らしい表現とともに用いる必要があるので、そちらの文言も考えておく必要があります。

実用に適しているものを以下の例文でいくつか挙げていきますが、使い形としてはそのような文言をつけるだけでも構わず、必ずしもその後にご機嫌伺いをもってくる必要はありません。

それだけでもその後に続く本題へのクッションになるので、そういった使い方もしていることも多いです。

ビジネスシーンだけでなく、手紙を出し合う仲などでも季節的に初秋となる時期にうまく用いるといいでしょう。

「猛暑も過ぎ去り」を使った例文

・『猛暑も過ぎ去り、秋の気配を感じる季節となってきました』

・『猛暑も過ぎ去り、過ごしやすい季節を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか』

「猛暑も過ぎ去り」の類語や言い替え

・『初秋の心地よい風が感じられるようになりましたが』
この後には上の例文の2つ目のように、ご機嫌伺いになる表現を続けて使います。

初秋とそのまま季節を記載しているので、その時期にピッタリの挨拶文になります。

・『朝夕の風に涼しさが感じられるようになりましたが』
こちらも夏が終わったことがうまく表現できている表現です。

直接「秋」というキーワードは入れてないものの、秋ならではの風流感のある表現としてまとまっています。

この後にはやはりご機嫌伺いの文言が続くことになり、それと合わせて冒頭の挨拶文になります。

尚、これらの2つの前に「猛暑も過ぎ去り」とつけて使ってもおかしくなることはなく、そのような用い方をしても構いません。

まとめ

「猛暑も過ぎ去り」は、初秋の時期に使うことができる挨拶表現の1つです。

続けて秋を感じられる表現をつけて使うもので、それと共に使うことができる季節における定型文として用いられています。

タイトルとURLをコピーしました