「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」とは? ビジネス用語

ここでは「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」の使い方やその際の注意点などを詳しく見ていきます。

「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」とは?

「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」は、季節を問わない冒頭の挨拶として使える表現です。

主にビジネスシーンで用いられますが、BtoCでお客様になる人に対して使うことも多いです。

言葉の意味としては、その相手に対して“健康で過ごされているようで何よりです”といった解釈になりますが、先のように最初の挨拶として使うものなので、この意味自体はあまり気にする必要はありません。

誰に対しても無難な文章の入りとして使うことができ、続けて本文といった構成になるので、要はその前のちょっとしたクッションになる表現です。

このように入っていけばおけば失礼になることはなく、ビジネスにおける1つの定型文だと考えて構いません。

「健康で元気であること』を表す」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」は、これだけで使うことはまずなく、その前に一言つけて使うものです。

ビジネスで他社の人間に対して使う場合には、それを「貴社」とするのが一般的で、これだと相手の会社に対して健康で過ごされていて何よりといった表現になってしまうため、おかしく感じてしまうかも知れませんが、それについてはあまり考えずに定型的に用いることができます。

口頭で使うことはまずないので、この文章の形で覚えてしまって構わず、他社と頻繁にやりとりのある場合はそれこそコピペのように決まって文頭につけていることも少なくありません。

「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」の正しい文章表現

「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」のまま使っても間違いという訳ではありませんが、「お喜び」の部分を「お慶び」と変え、「益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」とする方が望ましい表現になります。

特にビジネスでは「お慶び」とするのが普通で、「お喜び」の方で使っているケースはあまり見掛けることはないため、「お慶び」として用いることが推奨されます。

「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」を使った例文

・『時下、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます』
・『皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます』

まとめ

「益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」は、主にビジネスシーンでの冒頭の挨拶文になる表現です。

この形ではなく、「益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」とした方がよく、その表現で使っていることがほとんどなるため、そちらの方で覚えてしまうといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました