「目玉商品」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「目玉商品」とは? ビジネス用語

ここでは「目玉商品」という言葉の意味や使い方を詳しく見ていきます。

「目玉商品」とは?

「目玉商品」とは商売を行っている側が用いる言葉で、「客寄せのための特売品」といった解釈になります。

つまり、これを用意することでそれ自体が売れるだけでなく、他の商品もついでに買ってもらいたいといった意図を以って、その「目玉商品」を用意するという具合です。

それなりの客寄せにならなければ意味がないので、通常価格より大きく値下げするようなことが多いですが、それほど数は用意されていないことがほとんどなので、これを目当てに来店、または通販サイトを訪れるような場合には、購入できない可能性も十分にあると考えておかないといけません。

「目玉商品」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「目玉商品」は、ビジネスとして客寄せのために用意され、その販売側がチラシやWEBサイト上などでそれをいかにもお得だと客側を煽るための言葉です。

販売店のメールマガジンなどでも用いられることがあり、確かに通常より、他店よりもお得な価格で購入できることがほとんどですが、それに連られて他の商品まで購入してしまうと、結局大した得にはならないといった場合も多いので注意が必要です。

本当に欲しいものであれば、その対象を狙って来店したり、通販サイトを訪れるのもいいですが、何には悪質な場合もあり、1台や2台しか用意していないのにデカデカと目玉商品だと宣伝し、すぐに売れ切れという場合もあるので、あまりその気にならないようにした方がいいかも知れません。

「目玉商品」を使った例文

・『目玉商品として42型でBS/CSチューナー内蔵の液晶テレビを10万円で用意する予定だ』
・『目玉商品を狙ってお店まで行ってみたが、既に売り切れだった』

「目玉商品」の類語

「特別セール商品」
この他に、「大セール商品」「限定セール商品」などといった言葉もあり、いずれも「目玉商品」と同様の意味で使われています。

表現が違うだけで、解釈は全て同じだと考えていいでしょう。

「おとり商品」
目玉商品は言わば、お客さんを集めるための“おとり”とも言うことができます。

そのため、それを揶揄してこの「おとり商品」と呼ばれることもあり、特に煽るだけ煽っておき、実際には数がほとんど無かったといった場合に、後から結局これだったと使われるケースがまま見られます。

まとめ

この「目玉商品」と呼ばれるものは、消費者側にとってお得な商品には違いありませんが、あくまで“客寄せ”であることを理解しておく必要があります。

それに連られて余計な買い物をして、結果損になってしまうことのないように注意してください。

タイトルとURLをコピーしました