「秋も深まってまいりましたが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「秋も深まってまいりましたが」とは? ビジネス用語

ここでは「秋も深まってまいりましたが」の使い方や言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「秋も深まってまいりましたが」とは?

「秋も深まってまいりましたが」は、ちょうど季節が秋から冬に変わるころに使うことができる表現で、少し肌寒くなってきた頃の挨拶としてよく用いられます。

これだけで使うことはなく、この後に相手の身体を気遣う内容や、ご機嫌伺いのような内容をつけて文章にすることで、冒頭や文末の挨拶文になります。

あまり使えるタイミングがなく、そろそろ寒くなる頃なのでそれに合った文章にする必要があり、無理に用いる必要はありませんが、季節をよく考えた挨拶表現はビジネスでは欠かせないものと言えるので、これもその1つとして覚えておいて損はありません。

「秋も深まってまいりましたが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「秋も深まってまいりましたが」は、主にビジネスで文章にて用いられます。

具体的には10月中がちょうどいいタイミングになり、これよりも早かったり、11月になってからだとあまり季節に合っていないので使うには適していません。

また、頻繁に文章のやりとりがある親しい仲で改まって使う表現でもないので、どちらかと言えば余所行きの言葉になります。

ですが、初めての相手にいきなり使うような言葉でもなく、それまでに何度かメールなどでやりとりがある相手や、たまに手紙を出し合うくらいの仲でよく使われています。

以下に例文を挙げますが、上は冒頭で使う場合で、下は文末に添える場合です。

「秋も深まってまいりましたが」を使った例文

・『秋も深まってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか』
・『秋も深まってまいりましたが、くれぐれもお身体にはご留意ください』

「秋も深まってまいりましたが」の類語や言い替え

「日ごとに秋の色が深まっておりますが」
言い替えとして使える表現です。

「秋も深まってまいりましたが」と同様に10月中に冒頭や文末に用いると、ちょうどいい季節感のある挨拶になります。

「冬の前触れを感じる季節になりましたが」
こちらは10月下旬から11月上旬くらいまでが使えるタイミングとして適当な表現です。

そのため、「秋も深まってまいりましたが」を使うにはは少し遅いと感じた時にその代わりとして用いるといいでしょう。

まとめ

「秋も深まってまいりましたが」は、晩秋と言える季節に合った挨拶の表現になります。

冒頭、文末のどちらでも使うことができますが、それぞれに相応しいこの後に続く内容が必要になり、ビジネス文章でよく見掛ける、ちょうどその季節に合った定型表現だと考えていいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました