「立て続けのご連絡で」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「立て続けのご連絡で」とは? ビジネス用語

ここでは「立て続けのご連絡で」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「立て続けのご連絡で」とは?

「立て続けのご連絡で」は、このように使う相手に対して少し前に何かしらの連絡をしていて、それほど時間を空けずにまた連絡をするといった時に使われます。

主に文章で使われる表現で、要は連絡が続いて申し訳ないといった意味から使われるため、「立て続けのご連絡で申し訳ありません」などと用いられます。

そのような連絡になる場合の冒頭で使われる表現となっており、ここから文章を始めて構いませんが、この前に「いつもお世話になっております」などの定型表現をもってきて、続けてこの「立て続けのご連絡で〜」と用いるような使い方もよく見掛けます。

続けての連絡になってしまって、といった解釈になるため、どれくらいその間が短い場合に使うのかと言えば、それに関しては特に決まりのようなものは無く、その日のうちに再び連絡をする場合、または翌日にすぐ連絡する時などが主に使われるタイミングです。

「立て続けのご連絡で」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「立て続けのご連絡で」は、以前の連絡の内容とは特に絡まない連絡の場合にも使うことができます。

そのような場合には、「立て続けのご連絡で申し訳ありません。

先の件とは異なりますが〜」
のような形で使うことが多く、用件は異なるものの、その相手に対して何度も連絡をしてしまって申し訳ないという意味から用いています。

この「立て続けのご連絡で」は、前の連絡から短期間に二度目になる連絡の時に使われるもので、三度目となった場合には向いていません。

その時には「何度も申し訳ありません」などとした方がよく、この表現は使うべきではありません。

近年ではこの「連絡」はメールのことが多いですが、口頭で使えないこともなく、その場合は電話になると考えていいでしょう。

「立て続けのご連絡で」を使った例文

・『立て続けのご連絡で申し訳ありません。1つ確認を忘れていたことがありました』
・『立て続けのご連絡で失礼します。

別件になるのですが、少しご相談したいことがございます』

「立て続けのご連絡で」の類語や言い替え

・『続けての連絡で』
「立て続けのご連絡で」と同様に、短期間で二度目になる連絡時に「続けての連絡で申し訳ありません」といったように用いることができます。

意味も変わることはないため、言い替え表現として使われています。

まとめ

「立て続けのご連絡で」は、同じ相手にまた連絡をする場合に、それを申し訳ないと思って使われる表現です。

短期間にまた連絡をしてすみませんといったニュアンスになり、そのような場合のお詫びとして用いられます。

タイトルとURLをコピーしました