「考えています」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「考えています」とは? ビジネス用語

「考えています」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や例文を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「考えています」とは?

この言い回しは、「考える」の現在進行形の表現「考えている」の語尾に丁寧語の「ます」を付けた語句です。

よって、この語句は「今現在、考えている」の意になります。

そして、「考えている」の謙譲語が「考えておる」になるため、「考える」の謙譲語「考えておる」と同じ語句ということになります。

しかし、「考える」「考えている」とが同じかというと、両者は異なっているという指摘もあります。

すなわち、「考える」「これから考える」「考えている」「今現在、考えている」という意になり、異なっているという考えになります。

しかしながら、「考えております」は現実的に「考えています」と言い替えられ、相手に伝える意味もほとんど同じです。

特に普段の会話において「考えております」を使うことは難しく、「考えています」に言い替える方が言いやすいケースも多いでしょう。

「考えています」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言い回しは、「考えている」の丁寧語です。

この語句は敬語のレベルとしては低く、少々フランクな印象を与えます。

使い方としては立場を問わずに使える敬語で、目上の人、同じ立場の人、目下の人、他人など誰にでも使える敬語表現です。

また、伝える内容の使い方自体は「考えております」と同じです。

「考えています」の正しい敬語表現

この言いまわし自体が丁寧語です。

この語句を謙譲語にすると「考えております」となります。

さらに別の敬語表現にすると、「考えを巡らせています」「いろいろと思い浮かべています」「あれこれと推察しています」などの表現があります。

その他、この言い回しの尊敬語に「お考えになる」、謙譲語に「拝察する」などがありますが、「考えています」「考えております」が最も無難です。

「考えています」を使った例文

・『この件は当社では重要なことだと考えています』
・『事態は深刻ではないと考えています』

「考えています」の類語や言い替え

このフレーズに類似した言葉や言い替えの一例を紹介します。

・『考えております』
・『拝察します』
・『愚行しています』
・『頭の中を整理しています』
「考えております」「考えています」と同じ使い方になります。

「拝察します」「具こうしています」はこの語句の謙譲語です。

まとめ

「考えている」の敬語表現を使用するなら、丁寧語なら「考えています」が最も無難に使える言い回しです。

他にもいろいろな敬語がありますが、使い方を間違えないように注意して使いこなしてください。

タイトルとURLをコピーしました