「自身の力のなさを痛感しております」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「自身の力のなさを痛感しております」とは? ビジネス用語

この記事では「自身の力のなさを痛感しております」について解説をします。

「自身の力のなさを痛感しております」とは?意味

私に実力がないことをひしひしと感じています、という意味です。

「自身」は話し手のことを指しています。

「力」には、体力、効果、助力、腕力など、いくつもの意味があるのですが、この場合は実力、能力という意味で使用をしています。

「なさ」はないという意味です。

つまり、「力のなさ」は実力や能力がないという意味になります。

「痛感」は、心に深く感じること、身にしみて感じることという意味です。

あることをきっかけにして、強く感じることをいいます。

たとえば、珍しく運動をしてみたら翌日筋肉痛がひどくて、運動が足りていないと強く感じるといったこと「痛感」が意味するものです。

「ております」「ている」の丁寧な言い方です。

「自身の力のなさを痛感しております」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、あることをきっかけにして、話し手自身が自分には実力がないと感じたときに使用をします。

実力がないために、何かを成し遂げることができなかったときに使用することがあります。

たとえば、他社と契約をするための話し合いをしたとします。

まだ契約をすると正式には決まっておらず、この話し合いの内容によって決まります。

絶対に契約を結ぶと意気込んでいたのですが、話し手は契約を結ぶことができませんでした。

これは話し手側の力が足りなかったといえるでしょう。

契約をできなかったことは、上司に報告しなければなりません。

そのときに、この言葉が伝えられることがあります。

話し手の気持ちを表したり、自分に問題があったのだと伝えたりするものです。

「自身の力のなさを痛感しております」を使った例文

・『自身の力のなさを痛感しております。申し訳ありませんでした』

「自身の力のなさを痛感しております」の返答や返信例

どのような状況なのかによって、対応の仕方が変わってきます。

相手が落ち込んでいるようなら、励ましの言葉をかけてあげるとよいでしょう。

今回は仕方がありませんが、次回は努力すれば物事を成し遂げられる可能性があります。

それを応援してあげれば、次回は頑張ろうという気持ちが高まるはずです。

力がつくようにサポートをしてあげてもよいでしょう。

知識を与える、経験を積ませるなどをすることで、力がついてきます。

まとめ

この言葉は、話し手に力がなかったために、何かを成し遂げることができなかったときに使用をします。

力がないと強く感じ気がついたなら、そこから成長することができます。

努力をすることで力がついてくることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました