「至らない私ですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「至らない私ですが」とは? ビジネス用語

「至らない私ですが」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語での用い方を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「至らない私ですが」とは?

この言いまわしは「能力が及ばない私ですが」「配慮が足りない私ですが」といった意で使われるフレーズです。

「至らない」「到達しない」「届かない」ことを意味し、言い替えれば「不足している」「及ばない」「足りていない」という意味に繋がります。

また、「至らない」の前に不足しているものを表わして明示的な表現にもできますし、「至らない」だけにすることで暗黙的に能力や配慮などの不足を示す使い方もできます。

「至らない私ですが」のビジネスメールや会話での用い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは、自分の能力が不足した人物であることを明らかにして相手に伝達するためのものです。

また、特定のことのみができないという意味でも使われます。

この場合「至らない」の用い方に注意しましょう。

何が至らないか明示しない場合は相手の想像に委ねることになり、誤解される恐れがあるからです。

この場合は、「能力が至らない」「配慮が至らない」といった語句を加えて使うとよいでしょう。

ただし、特定のことができないと言うと、裏を返せばそれ以外はできるという解釈に繋がるため注意が必要です。

「至らない私ですが」の正しい敬語表現

この言いまわしの「至らない」は自分の行為のみに使われる謙譲表現であり、相手に敬意を伝えるために使用するフレーズです。

この言いまわしをさらに丁寧な表現にすると、「至らない点も多々あるかと存じますが」となります。

「存じます」「思う」の謙譲語「存ずる」に丁寧語の「ます」を合わせた語句で、この語句を付け加えることで「至らない」をさらに丁寧なニュアンスにします。

「至らない私ですが」を使った例文

この言いまわしを使った例文を以下に紹介します。

・『至らない私ですが、よろしくお願いいたします』
・『配慮が至らない私ですが、今後もご教示ください』
・『能力の至らない私ですが、暖かい目で見守ってください』

「至らない私ですが」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『不足している私ですが、よろしくお引き立て願います』
・『至らない私ではございますが〜』
「不足している私ですが」はそのまま「至らない私ですが」に言い替え可能です。

「至らない私ではございますが」はこの言いまわしの別な敬語表現です。

まとめ

この言いまわしは、能力や配慮の不足を自分から示すフレーズです。

この表現は謙譲語を使って行っているため、用い方を誤ると悪い意味になってしまうことがあります。

上手に使えれば相手から理解や支援などが得られるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました