「良いクリスマスをお過ごしください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「良いクリスマスをお過ごしください」とは? ビジネス用語

ここでは「良いクリスマスをお過ごしください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「良いクリスマスをお過ごしください」とは?

「良いクリスマスをお過ごしください」は、世間でクリスマスイブとされる12月24日、当日の25日を前にして、もしくはその最中にそれらの日を楽しんでくださいと伝えている表現になります。

日本ではクリスマスは特に休日という訳ではありませんが、世間的にムードの高まる時期ということもあり、クリスマスイブの訪れる前週くらいから25日までの間に主に文章で使われる挨拶表現になります。

文末の締めに使うことが多いですが、そこまでの内容によってはクリスマスどころではないといった場合もあるので、比較的穏やかな内容だった場合にのみ使うのが一般的です。

相手から先にクリスマスについての話題が出たような際にはちょうどよく、この表現を使って文章を締めるといいでしょう。

「良いクリスマスをお過ごしください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「良いクリスマスをお過ごしください」で使っているクリスマスは、ご存知のようにキリスト教における大きな行事の1つです。

ただし、世間ではそれとはあまり関係なく、毎年定例のイベントとして楽しんでいる傾向が高いため、相手の宗教を特に気にすることなく使うことができます。

ですが、明らかにキリスト教以外の宗教を信仰していると分かっている場合には使うべきではありません。

それは、クリスマスは他の宗教(キリスト教)の行事だと分かっているためで、それについて語るのはあまり好ましくないからです。

尚、キリスト教を信仰している人に対しては問題なく使うことができますが、それ以上下手なことは述べない方が無難です。

世間ではキリスト教ではこのクリスマスが最大の行事だと思われているかも知れませんが、実はそうではなく、同宗教では春のイースターの方が大きな行事となっており、それを知らずに余計なことを続けるのは無作法だと言えるためです。

「良いクリスマスをお過ごしください」を使った例文

・『いよいよ今週末ですが、どうぞ良いクリスマスをお過ごしください』
・『イブには素敵な予定を組まれていると聞きました。良いクリスマスをお過ごしください』

「良いクリスマスをお過ごしください」の類語や言い替え

・『良い休日をお過ごしください』
こちらは週末や連休を前にして使われる表現で、その休日をいいものにして欲しいといった意味で用います。

特に休日ではないクリスマスには使えませんが、休日全般に使えることから、ビジネスシーンでも気心が知れている相手によく使われています。

まとめ

「良いクリスマスをお過ごしください」は、クリスマスを大きな世間的なイベントとして楽しんで欲しいと思って使われる表現になります。

注意点は相手の信仰する宗教が明らかになっている場合で、その時には無理に用いない方がいいこともあるので気をつけてください。

タイトルとURLをコピーしました