「若輩者ではございますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「若輩者ではございますが」とは? ビジネス用語

ここでは「若輩者ではございますが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「若輩者ではございますが」とは?

「若輩者ではございますが」は、自分を蔑めてまだ若造ですがと伝えている表現になります。

つまり、まだ若く未熟ではありますがといった意味になり、そんな立場ですが頑張らせていただきますという文章に用いるために使います。

つまり、自分には大役ながら精一杯やると言っていることになり、比較的大きな仕事や立場を任された、役職を仰せつかったといった時に謙遜から使う表現です。

口語、文章のどちらでも使われますが、直接使うべき相手に口語で伝えることが多く、文章で用いる場合よりその方が相手に決意として強い印象を与えることができます。

ですが、直接話すほどではない関係者などの相手であれば、メールでこのように使っても特に問題はありません。

「若輩者ではございますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「若輩者ではございますが」は、まだそんな大役を背負うのは自分には早いといった意味から使われます。

それでも頑張らせてもらうといった決意を伝えるための表現なので、自分としては自信があるといった場合でもそのように使っておくもので、多くはビジネスシーンで見聞きすることになります。

また、「若輩者」と使っていることから、本来その役を務めることになると考えられる年齢より自分が若いということが条件です。

現在では若くして課長や部長といった役職に就くことも少なくありませんが、この表現自体はあまりそういった時代による変化は気にする必要はないので、例えば、45歳で部長職に就くようなことがあれば、十分に「若輩者ではございますが」と使えると考えていいでしょう。

「若輩者ではございますが」を使った例文

・『何分、若輩者ではございますが、精一杯務めさせていただきます』
・『まだまだ若輩者ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします』

「若輩者ではございますが」の類語や言い替え

・『僭越ながら』
自分の分を超えているという解釈になり、「僭越ながら務めさせていただきます」などと用いられます。

よって、よく似たニュアンスになりますが、少し表現として軽いため、大役を任されたり役職に就くといった時には「若輩者ではございますが」の方が向いています。

まとめ

「若輩者ではございますが」は、それを仰せつかるにはまだ自分は若く未熟ながらといった解釈になります。

謙遜から使う表現になるため、例え自分でそうとは思っていなくとも、一般に考えてそのように見える場合には謙って使っておく表現です。

タイトルとURLをコピーしました