「誠心誠意」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「誠心誠意」とは? ビジネス用語

「誠心誠意」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使い方を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「誠心誠意」とは?

この言いまわしは「誠心」「誠意」という二語からできており、「誠心」は嘘偽りのない心を表わし、「誠意」は私利私欲を離れて正直かつ熱心に事に当たる心を表わしています。

よって、この二語を合わせて嘘偽りがなく真心をもってものごとに当たることの意として用いられ、この言いまわしは相手に対して真面目でひたむきな気持ちや姿勢を示す慣用句です。

「誠心誠意」のビジネスにおけるメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは副詞として使用することが多い言葉です。

副詞は動詞や形容詞を修飾しますが、よく使用される言いまわしとしては「頑張ります」「尽力する」「努力する」などのひたむきに取り組む姿勢を示した言葉が続きます。

これにより「頑張ります」「努力します」と比べても自分の熱意の大きさを相手に効果的に伝えます。

「誠心誠意」の正しい敬語表現

「 誠心誠意」自体は敬語ではありませんが、後に続く文を敬語にすることでビジネスシーンに相応しい敬語フレーズになります。

例として、『誠心誠意、努めてまいります』は真心を込めて努力していきますの意です。

「誠心誠意努める」に対して「行く・来る」の謙譲語「参る」に丁寧語「ます」を付けることで敬語表現にした言いまわしで、「誠心誠意」の最もオーソドックスな敬語です。

『誠心誠意、対応いたします』は「誠心誠意対応する」に対して「する」の謙譲語「いたす」に丁寧語「ます」を付けて敬語にしています。

なお、「誠心誠意」「まごころ」の意なので、「誠心誠意まごころを込めて」とすると重複表現になりますので注意しましょう。

「誠心誠意」を使った例文

「誠心誠意」を使った例文を紹介します。

・『誠心誠意、努めてまいります』
・『誠心誠意を込めて』
・『誠心誠意をもって対応いたします』
・『誠心誠意、事に当たる』

「誠心誠意」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い換え例は多く存在します。

以下に使用例を紹介します。

・『私たちはこの事業に一意専心に取り組んでいます』
・『彼は誰よりも熱心に働く』
・『当面は療養に専念します』
・『皆様からのご意見を真摯に受け止め、問題点を改善していきます』
・『将来、弁護士になる夢を実現するため真剣に勉強する』
「一意専心」はひたすら一つのことに集中することの意、「熱心」は物事に深く心を打ち込むことの意、「専念」はある事だけに心を集中させて熱心に行なうことの意、「真摯に」は真面目で熱心なさまの意、「真剣に」は本気で物事に取り組むさまの意です。

まとめ

「誠心誠意」は礼節を重んじる日本人にとって相応しい言葉ですが、強い意志を示す大事な言葉であるが故に、多用すると却って非常に軽い印象を与えることになりますので、実際の行ないにおいて常に「誠心誠意」対応して相手との信頼関係を築きましょう。

タイトルとURLをコピーしました