「貢献できるよう」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「貢献できるよう」とは? ビジネス用語

「貢献できるよう」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や例文を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「貢献できるよう」とは?

「貢献」「こうけん」と読みます。

この言葉は「貢」「献」という2語から構成されており、「貢」は貢ぐや奉るなどの意、「献」は上位者に物を差し上げる、献ずるなどの意です。

これによりこの言葉は「会社や何かのことに役立つように尽力すること」「力を尽くして良い結果をもたらすこと」という意味になります。

「貢献できるよう」というフレーズはこの「貢献」という言葉を使った言い回しです。

「できる」はある事柄を行なう能力や可能性があるということを意味します。

例えば「英語ができる」と言った場合、英語を読んだり書いたり話したりできる能力があるという意味です。

「よう」は話し手の意志や決断を表わす語で、「ように」を省略した用法でもあります。

よって、「貢献できるよう」とは「力を尽くして誰かの役に立つように」という意味になります。

「貢献できるよう」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言い回しは仕事に対するやる気や意気込みを示す際によく用いられます。

例えば就職活動などにおける面接の場面で使えるフレーズです。

面接官に対し、「貴社に貢献できるよう尽力いたします」という言い方で自己アピールができます。

ただし大事なことは、貢献できるよう尽力するというために具体的に何をするのか明確に答えることです。

同様のことは部下から上司に対するやる気や意気込みのアピールにも使えます。

また、上司から部下に対する励ましの言葉としても使えます。

例えば、「会社に貢献できるよう頑張ってくれたまえ」といった具合です。

このフレーズは役に立つという決意を表明する言い回しのため、フレーズの後には「尽力する」「頑張る」という言葉が来るのが一般的です。

なお、上述した通り、この決意表明の言葉に説得力をつけるにはそのためにどうするのか、何をするのかを明言しなくてはなりません。

「貢献できるよう」を使った例文

・『貢献できるよう、全身全霊を持って取り組みます』
・『貢献できるよう、最善の方策を駆使して臨みます』

「貢献できるよう」の類語や言い替え

このフレーズに類似した言葉や言い替えの一例を紹介します。

・『お役に立てるよう』
・『貢献できますよう』
「お役に立てるよう」は類似表現です。

意味はほぼ同じとなります。

「貢献できますよう」は別の敬語表現で、このフレーズと言い替えができます。

まとめ

この言い回しは面接や入社時の挨拶、上司への意気込みや部下に対する励ましなど多用に使える言葉です。

このフレーズに具体的な取り組み姿勢や具体的な行動を示すことで自己アピールが説得力を持って行なえます。

タイトルとURLをコピーしました