「資料が完成いたしましたので」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「資料が完成いたしましたので」とは? ビジネス用語

今回は「資料が完成いたしましたので」という表現について解説していきます。

正しい言い回しなのでしょうか?詳しく見てみましょう。

「資料が完成いたしましたので」とは?

「資料」は、それを元に何かをするためのもの、を指します。

例えば何かについて調べる場合、調べるために使う材料、代表的なものには書籍、新聞などがあります。

ビジネスシーンで資料というと、ある目的を完成させるために使われる情報が載っているものです。

保管されている別の資料である場合もあります。

「完成」「物事が完全に仕上げること」という意味であり、「いたしました」は、「する」の謙譲語「いたす」に敬語「ます」を付け、過去形にしたものです。

「ので」は理由を表し、「資料が完成いたしましたので」は、「資料が完全に仕上がりました。

だから」
、とその後の「○○します」につなげる文になります。

「資料が完成いたしましたので」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「資料が完成いたしましたので」はどのように使うのが正しいのでしょうか。

「資料が完成いたしましたので」というフレーズは、ビジネスシーンでは誰かに資料が完成したので、誰かに渡す、発表する、などその後続く動作の前に使う文章となります。

本来の目的はその後に続く動作であり、「〇〇だから、〇〇します」という構文の「〇〇だから」という理由を示す部分で使われます。

ビジネスにおいては、「報告する」ことは最も重要なことであり、仕事の基本でもあります。

「資料が完成いたしましたので」は、以前より依頼されていた資料が完成しました、という報告をするもので、目上の人、もしくは同じプロジェクトに関わっている人、資料を見てもらいたい人に報告する際に使われる言い回しです。

主にメールで使われる機会が多い言葉となります。

「いたしました」はかなり丁寧な表現で、口頭やメールで報告する場合は「完成しましたので」と使われることのほうが多いでしょう。

「資料が完成いたしましたので」を使用した例文

『資料が完成いたしましたので、お送りします』
『資料が完成いたしましたので、ご確認くださいますようお願いいたします』
『資料が完成いたしましたのでご確認いただき、修正点などあれば教えていただきますようお願いします』

「資料が完成いたしましたので」の類語や言い替え

「資料が完成いたしましたので」は、丁寧ですがやや堅苦しい表現のため「資料が完成しましたので」「資料ができあがりましたので」という形で使われることが多いです。

まとめ

「資料が完成いたしましたので」は、その資料を見て欲しい人、関わる人に「資料が出来上がった」ことを報告し、その後に続く文でしてほしいことを伝える文となります。

タイトルとURLをコピーしました