「適切な対応なき場合」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「適切な対応なき場合」とは? ビジネス用語

ここでは「適切な対応なき場合」というフレーズの使い方や注意点、この言葉を受けた場合の返答方法を徹底解釈していきます。

「適切な対応なき場合」とは?

この言葉は相手側に対応を求める際に使用します。

この言葉の後に対応してもらえなかった場合の状況や心証を加え、より迅速的確な行動を相手に求めます。

そのため、目上の方や取引先などへの使用はふさわしくありません。

自分と対等な相手か、緊急性や重要性の高いアクションを要求する際に利用するとよいでしょう。

「適切な対応なき場合」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「適切な対応なき場合」は、相手に威圧感を与える文言になります。

上記で説明したように要求だけでなく、期待通りの行動を相手から得られなかった場合のデメリットも相手に伝えるためです。

公的な文書やクレーム、相手への脅迫を意図として迷惑メールなどの文言に使われます。

「適切な対応なき場合」とある文面の内容は精査し、正当性があるか十分に確認しましょう。

また、やむをえずこういった催促を取引先などにメールする場合は、クッション言葉を加え言葉の衝撃を和らげる、「なき場合」「いただけない場合」などへ言い換えるなど相手への配慮が重要です。

「適切な対応なき場合」を使った例文

・『今回貴社にて適切な対応なき場合、しかるべき対処をとらせていただきます。

何卒ご確認、ご対応のほどよろしくお願いいたします』
結びの一文を添えることで、「しかるべき対処は本来したくないから、申し訳ないけれど対応をどうかお願いします」というニュアンスが加わります。

「適切な対応なき場合」の返答や返信

もし「適切な対応なき場合」と文面にある場合、相手はこちらの迅速なリアクションを期待しています。

内容に正当性があれば、相手が伝えてきた用件を反芻し、こちら側に非があれば謝罪の言葉と状況報告を速やかに返答します。

また、相手が求める適切な対応が理不尽であったり不可能な時は、はっきりとお断りの内容とその理由を盛り込み、対応できないことへのお詫びと今後のお互いの良好な関係が続けられることを期待する文言を添えます。

いずれにせよ常にこちらは低姿勢に、相手への心配りと配慮を忘れないようにします。

まとめ

以上で説明したように、「適切な対応なき場合」とは対応しなかった場合のデメリットも提示しつつ、相手に行動を要求するフレーズです。

威圧感を感じさせる言葉なので、使用する場合は十分な配慮を心がけましょう。

また、迷惑メール等でも使われます。

この言葉を受け取った際は慌てずにメール内容の信頼性をしっかり確認し、速やかに返答、行動を起こしましょう。

タイトルとURLをコピーしました