「霜寒の候」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「霜寒の候」とは? ビジネス用語

「霜寒の候」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「霜寒の候」とは?

この言いまわしは、「そうかんのこう」と読みます。

「○○の候」は時候の挨拶文の定型フレーズで、基本的に音読みします。

時候の挨拶文としては11月から12月上旬に使えます。

「霜寒」は霜が降るくらい寒さが厳しくなってきたことを表わすことから時期として11月中を指すのです。

この言いまわしは二十四節季に基づいたものではなく、季節の様子を表わした語句なので11月から12月上旬まで用いるとよいでしょう。

「霜寒の候」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしを用いる場合、ビジネスメールでの例を記載します。

メールの送付先であるお客様とはまだ深い関係ではないため、少々改まった表現のメールをにすべく、書き出しを考えた場合、「霜寒の候、お変わりございませんか」とするのがよいでしょう。

これにより、どのように書き出せばよいか困った場合は活用してください。

この言いまわしを用いた書き出しの例として、「霜寒の候、ますますご清栄のこととお慶びいたします」などが代表的です。

なお、この言いまわしを用いるときは使える時期に注意します。

時候の挨拶は適切な時期に用いることが肝要です。

「霜寒の候」の正しい敬語表現

この言いまわしを敬語表現にするには、たとえば「霜寒の候となりましたが」とします。

この場合、「〜になります」「なる」の丁寧語に該当します。

「〜になります」は誤った敬語と解釈されていますが、この言いまわしのようにある時期などが変化する場合は用いても問題ありません。

「霜寒の候」を使った例文

この言いまわしを用いた例文を以下に紹介します。

・『霜寒の候、いかがお過ごしでしょうか』
・『霜寒の候、お変わりございませんか』

「霜寒の候」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い換え例を以下に紹介します。

「霜寒の候」のほか、同じ時期に用いられる季語としては以下の表現があります。

・『立冬の候』
・『小雪の候』
・『霜月の候』
・『菊花の候』
・『向寒の候』
・『晩秋の候』
・『大雪の候』
「立冬の候」は冬の始まりのことで11月7日から11月21日頃まで用いられます。

「小雪の候」は11月22日を表わし、10月下旬から11月下旬まで、「霜月の候」は陰暦11月のことで11月いっぱい、「菊花の候」は菊の花が咲く頃を表わし10月から11月まで、「向寒の候」は秋から冬になる時期を表わし11月から12月上旬まで、「晩秋の候」は秋の終わり頃を表わし11月いっぱい、「大雪の候」は12月7日のことで12月上旬から中旬に使えます。

まとめ

この言いまわしは11月から12月上旬にかけて用いられる時候の挨拶文です。

メールや手紙の書き出しに大変便利なため、マスターしておくとよいでしょう。

ただし、使用にあたっては時期を間違えないように注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました