「頭の片隅に置いておいてください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「頭の片隅に置いておいてください」とは? ビジネス用語

ここでは「頭の片隅に置いておいてください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「頭の片隅に置いておいてください」とは?

「頭の片隅に置いておいてください」は、何かを覚えておいてくださいと遠慮気味に伝えるために使う表現になります。

中心ではなく、「片隅」という言葉を使っているところがその遠慮の加減を表しており、覚えておいて欲しい内容と共に用いられます。

よって、このように使われた側はそれを覚えておくことが求められ、表現こそマイルドですが、意外と大切な内容だという場合も少なくありません。

もう少し丁寧にして、「頭の片隅に置いていただければ幸いです」といった形で使うことも多く、本来はこれは覚えておいて欲しいといったように伝えたいところながら、そこまでの内容でもないため、このような表現を使って伝えていると考えてください。

「頭の片隅に置いておいてください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「頭の片隅に置いておいてください」は、主に文章で使われる表現です。

この表現で伝えられると、大したことではないだろうと思ってしまいがちで、実際に内容自体は簡単なもののことが多いですが、それを知らないと後で困ることになるような場合も少なくありません。

例えば、充電は普通にコンセントから行えるが、USBからでも可能だということを「頭の片隅に置いておいてください」と伝えられたような場合、それを知っていたのでコンセントがない場所で助かったという場面があるかも知れません。

本当に大事なことはもっとそれだと分かる表現で伝えられることが多いため、この「頭の片隅に置いておいてください」と使って伝えられるのはこの程度の内容のことが多いながら、知っていて悪いことはなく、それによって便利になることもあるといった内容を伝えるための表現です。

「頭の片隅に置いておいてください」を使った例文

・『実は米ドルでの支払いにも対応しています。よろしければ頭の片隅に置いておいてください』
・『このカードのチャージ上限は5万円です。そこまでチャージをすることはまずないでしょうが、頭の片隅に置いておいてください』

「頭の片隅に置いておいてください」の類語や言い替え

・『どうぞお含みおきください』
この表現もまた、それほどの内容ではないことを覚えておいて欲しいという意味で使われます。

「頭の片隅に置いておいてください」を丁寧にした形だと考えてよく、ビジネスシーンではこちらの方がよく使われています。

まとめ

「頭の片隅に置いておいてください」は、大した内容ではないながら、覚えておいて欲しいことを伝えるために使う表現になります。

見た目から遠慮気味な表現のため、強く覚えておいて欲しいというニュアンスにはなりませんが、意外と大事なことが伝えられることも少なくありません。

タイトルとURLをコピーしました