「ありがたいお誘いですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ありがたいお誘いですが」とは? ビジネス用語

ここでは「ありがたいお誘いですが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ありがたいお誘いですが」とは?

「ありがたいお誘いですが」は、その相手からの誘いを断る際に使われます。

その誘いを「ありがたい」しながらも断るために使うもので、極力角を立てずに断ることができる表現になります。

文言的にこれだけでは断っていないため、この後にそれをつけ加えて使いますが、そちらも丁寧にすることで相手に悪い印象を与えることはありません。

例えば、「その日はどうしても外せない用事がありまして~」のような文言になることが多く、そこから文章を始めて断ることもできますが、その前にこの「ありがたいお誘いですが」とつけることで丁寧に断ることができると考えていいでしょう。

ビジネスでもよく使われており、プライベートであまり気乗りのしない誘いやそれには行きたくないといった場合に使われることも多いです。

「ありがたいお誘いですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ありがたいお誘いですが」は口語、文章のどちらでも使うことができますが、文章の方で使われることが多い表現です。

このように前置きした上で断ると、同じ断るにしても相手に失礼になりません。

本当はその誘いに乗りたいものの、この後に続ける内容の事情によってそうとはできないといった意味になり、この前に「大変」とつけるとより丁寧にすることができます。

どちらにしても断ることに変わりはありませんが、断りにくい相手や断ってしまうのが心苦しい場合などにうまく使える表現で、このように使われた側はそれでも何とかなどと無理強いはしないのがルールです。

そうは言っても執拗に誘われることがあるかも知れませんが、その場合は相手の方に問題があります。

「ありがたいお誘いですが」を使った例文

・『ありがたいお誘いですが、予定が入っておりまして参加することができません』
・『大変ありがたいお誘いですが、その日は他県へ出張する予定となっております』

「ありがたいお誘いですが」の類語や言い替え

・『折角のお誘いですが』
こちらも相手の誘いを角を立てずに断るために使われる表現です。

どちらを使ってもそれほど表現的に変わることはなく、ビジネスではこちらの方をよく見掛けます。

この後に続ける表現も「ありがたいお誘いですが」の場合と一緒で、言い替え表現だと考えて構いません。

まとめ

「ありがたいお誘いですが」は、相手の誘いを断る時に使います。

失礼になることなくはっきりと断っていることになり、ビジネスでもそのような場合に使いやすい表現です。

タイトルとURLをコピーしました