「いち早く」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「いち早く」とは? ビジネス用語

ここでは「いち早く」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「いち早く」とは?

「いち早く」は、誰よりも早く、何よりも早くといった意味で使われる表現です。

「この吉報をいち早く彼に知らせてあげたい」といったような使われ方になり、この場合は誰よりも早く彼にそのいい知らせを教えてあげたいと言っています。

「いち早く帰らないと、雨に降られそうだ」のように使った時には、何をするよりも早く帰るにしないと、雨に降られてしまうといった解釈になります。

口語、文章のどちらでも使うことができますが、どちらかと言えば口語向けで、先に挙げたような使い方で日常の色々なシーンで用いられています。

そうしたいという使い方を多く見聞きしますが、「彼はいち早く帰ったようだ」などと既に終わったことについて使われることもあり、この時には何をするよりも早く帰ったみたいだと解釈できます。

「いち早く」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「いち早く」は、そうしたいと使った時にはあくまでそうする予定だという意味になり、実際にそうできるかはまた別問題です。

よって、「いち早く知らせてあげたい」と使った時にも、そうできるかどうかは分かりませんが、そのような気持ちでいると考えている使い方になります。

文章ではあまり使われない表現ですが、そちらで使う場合、「いち速く」としても間違いではありません。

「速く」は速度的なものを表す表現になるため、場合によって「早く」とうまく使い分けて用いられており、時間的な意味合いが強い「早く」の方がこの「いち早く」には向いているものの、「いち速く」も同義語として問題なく使用することができます。

尚、更に漢字を増やして「逸早く」「逸速く」とも表記できますが、これらはあまり一般的ではありません。

「いち早く」を使った例文

・『いち早くこの作業を終わらせるように指示されている』
・『今日は仕事が終わったらいち早く帰ってやりたいことがある』

「いち早く」の類語や言い替え

・『早々に』
「いち早く」とよく似た意味で使うことができる表現です。

ともかくすぐにといったニュアンスになり、「早々に諦めた」とした時には、それほどすぐに諦めてしまったのだと解釈できます。

誰よりもといった意味にはならないため、そちらで使っている場合の言い替えにはなりませんが、何よりもという解釈になる時にはこちらを使っても構わないことも多いです。

まとめ

「いち早く」は、ともかく早くといった解釈になる表現です。

使い方によって誰よりも、何よりもという意味になり、それほど早く何かをしなければならない、そのような様子だったといった用い方になります。

タイトルとURLをコピーしました