「お力になれるように頑張ります」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お力になれるように頑張ります」とは? ビジネス用語

「お力になれるように頑張ります」という表現は、ビジネスシーンで用いる場合正しい敬語表現なのでしょうか?

「お力になれるように頑張ります」とは?

相手にとって助けになれる様に努力しまうと言う丁寧な表現の意味です。

上司に期待を掛けられた時や面接の場面などで、努力する意思を伝えます。

やる気を感じる言葉にはなりますが、どの程度の力になるかはわからないので明言はしないようにした方が良いでしょう。

「頑張ります」はありふれた抽象的な表現になります。

ビジネス文書では、敬語表現の謙譲語で直して使うと良いでしょう。

「お力になれるように頑張ります」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「お力添え」「手助けする」という意味に使われます。

ビジネスシーンでよく聞く言葉です。

しかし「頑張ります」と言う言葉は、ビジネス文書にはあまり向いていません。

「微力ながらお手伝いできればと思います」の表現は、ビジネスシーンでは多く使われます。

「お力になれるように頑張ります」の正しい敬語表現

取引先の人や目上の人に使う時には「微力ながらお力になりたく尽力いたします」と言います。

「尽力」の意味は「力を尽くす」です。

かたい印象にはなりますが、ビジネスシーンやスピーチで多く使われます。

「微力ながらお力になりたく尽力いたします」を使った例文

・『貴社に入社できましたら、微力ながらお力になりたく尽力いたします』即戦力が必要な面接で、やる気を伝える時に使われます。

・『プロジェクトに携わることに関して、微力ながらお力になりたく尽力いたします』

「微力ながらお力になりたく尽力いたします」の類語

「微力ながらお力添えできますよう尽力いたします」
「お力添え」「手助けする」という意味です。

相手対して、側で支えると言ったへりくだった意味です。

「微力ながらお役に立てますよう尽力いたします」
相手のためになる様に働きたいという気持ちを表します。

まとめ

「お力になれるように頑張ります」は、ビジネスシーンで目上の人に対して使う言葉として丁寧な敬語にすると「微力ながらお力になりたく尽力いたします」となります。

「相手の助けになれる様に努力することを伝える丁寧な表現」です。

「頑張ります」という言葉は、公の場やビジネス文書には向いていないので気をつけましょう。

「お力添え」はビジネスシーンでは使いやすいので覚えておくと良いでしょう。

「頑張ります」は、使いやすくわかりやすい言葉です。

ビジネスシーンでは「微力ながら精一杯頑張ります」と言うように、目上の人に対して手助けしますと言う気持ちを表す時に使います。

タイトルとURLをコピーしました