「お役に立てれば幸いです」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お役に立てれば幸いです」とは? ビジネス用語

ビジネスでの文で「お役に立てれば幸いです」とよく見かけますが、どのような時に使うのでしょうか?

「お役に立てれば幸いです」とは?

「あなたの役に立つことができれば嬉しく思います」「役立てていただければ嬉しいです」という意味になります。

かしこまった時に使う敬語で、ビジネスの文面では、よく使うので覚えておきましょう。

「お役に立てれば幸いです」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「○○の件ですが、お受けすることにいたします。

お役に立てれば幸いです」
と言うように、どのことについてかを明確に述べた上で、相手にとって役に立てれば嬉しいことを伝えましょう。

「今後ともお役に立てれば幸いです」は、今後ともお引き立てください、よろしくお願いしますと言った気持ちが含まれています。

相手に贈り物をした時に贈り物が相手の役に立つことを願う時、今後のお付き合いや仕事の依頼を願う時に使います。

上司から報告書を作ってほしいと頼まれ、提出時に上司から感謝の言葉をもらいました。

このような時に「お役に立てれば幸いです」と返答します。

謙虚な姿勢を示す言葉にもなります。

言葉で使う時の注意点は、少し演技がかった表現になります。

相手に合わせて、使うように気を付けましょう。

「お役に立てれば幸いです」を使った例文

『先日ご依頼の件をお引き受けいたします。お役に立てれば幸いです』
『この企画がお役に立てれば幸いです』
『この製品がお役に立てれば幸いです』
『今後ともお役に立てれば幸いです』

「お役に立てれば幸いです」の類語

「役立てていただけると嬉しいです」
「お力になれましたら幸いに存じます」
「お役立ていただけましたら嬉しく存じます」
「お役立ていただけましたら光栄に存じます」
「お役に立てば幸いでございます」
「お役に立てば幸甚です」

まとめ

「お役に立てれば幸いです」は、ほとんどが文章でのフレーズで見かけます。

メール文や、ビジネス文書でよく使います。

相手にとって、喜んでもらえると嬉しいですと言った気持ちを汲んで一言添えると良いでしょう。

相手に提供する場合に使用し、提供するものは能力や人的・物的資源など様々です。

「お役に立てれば幸いです」は、ビジネスメールで物やサービスなどの利用を促す時にも使います。

便利な機能があるので役立ててほしいと伝えるときなどもあります。

言葉で返答する場合は、かしこまった敬語ですので、目上の人に対して使いますが、言葉だけが浮かないようにしましょう。

ビジネスシーンでは、役に立ててくれれば嬉しいと言う気持ちを敬語で伝える文ですので、メールや手紙などで使用してみましょう。

謙虚な印象を与えます。

タイトルとURLをコピーしました