「お願いしたいのですが可能でしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お願いしたいのですが可能でしょうか」とは? ビジネス用語

何かをお願いしたい時に用いる「〜お願いしたいのですが可能でしょうか」

正しい使い方と意味を解説します。

「〜お願いしたいのですが可能でしょうか」はどういう意味?使い方は?

「〜お願いしたいのですが可能でしょうか」は主に相手にしてほしいことがある場合に使用します。

これをお願いしたいのですが、できますか?ということを意味します。

日本語としては正しいですし、敬語としても間違っていません。

ですが、目上の人や取引先の方に使うビジネスメールとしてはあまり適切ではないとも言われています。

ではどのような表現が適しているのでしょうか。

「〜お願いしたいのですが可能でしょうか?」はビジネスメールに不向き?適した使い方は?

先程「お願いしたいのですが可能でしょうか」という表現は、ビジネスメールとして適していないと説明しました。

ではどのような表現が適しているのでしょうか。

例えば、「ご検討いただければと存じます」

これは?することを考えていただきたいという意味です。

例えば「〜の作業をお願いしたいのですが可能でしょうか?」「〜の作業について、ご検討いただければと存じます」のような書き方になります。

他にも急ぎで確認をお願いしたい場合は「ご確認の上、期日までにご返信いただきたく存じます」のような書き方になります。

「〜お願いしたいのですが可能でしょうか?」は絶対にビジネスメールで使えない?

ビジネスメールには不向きと説明した「お願いしたいのですが可能でしょうか」という表現ですが、全く不向きかというとそうではありません。

「可能」という言葉が上から目線になってしまう印象が強いため、扱いが少し難しくなってしまうのです。

では、どうすればいいのでしょうか。

前後に他の言葉を追加すればいいのです。

例えば「ご多忙のところ恐縮ですが〜していただくことは可能でしょうか」などです。

いずれにしても、「お願いしたいのですが」「可能でしょうか」を分解して適切な言葉を追加する必要があります。

まとめ

「〜お願いしたいのですが可能でしょうか」という表現について解説していきました。

いかがでしたでしょうか。

「可能でしょうか?」という言葉の印象が強すぎて少々扱いが難しいですよね。

とは言っても敬語としては間違っておらず、相手がどう受け取るかが一番の問題です。

不安であれば上記に記載したように別の表現にするのもよいでしょう。

もしくは前後に言葉を追加し、組み合わせて使うことで恐縮している気持ちを伝えるのも一つの手です。

メールとはいえ、受け取るのは人間。

受け取った相手がどのように感じるのか、意識してメールを打つようにすると気持ちも伝わりやすくなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました