「お願いして本当に良かったと思います」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お願いして本当に良かったと思います」とは? ビジネス用語

今回は「お願いして本当に良かったと思います」という表現について解説していきます。

正しい言い回しなのでしょうか?詳しく見てみましょう。

「お願いして本当に良かったと思います」とは?

「お願いして」は、この場合「頼んで、依頼して」という意味です。

「本当に」は、「心から」「実に」「良かった」「良い」の完了形で、一文にすると(特定の相手に対して)「頼んで実に良かったと思う」ということになります。

「お願いして本当に良かったと思います」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「お願いして本当に良かったと思います」はどのように使うのが正しいのでしょうか。

「お願いして本当に良かったと思います」というフレーズは、ビジネスシーンではある特定の相手に対し、あなたに依頼して良かった、おかげで助かりました、というこちらが助かったという相手に感謝の意を伝えると同時に、依頼したのがあなたで本当に良かった、あなたは素晴らしいです、頼んだのがあなただからこそできたのです、と相手に賛辞を送るために使われます。

使う場面は、取引先、協力会社に送ることも考えられますし、協力を依頼した同僚や先輩、違う部署の人の場合もあるでしょう。

協力してもらったことで、どんな成果が具体的に出たのか、どのように助かったのかを後日報告するとより相手の印象に残り、今後仕事をする上で役に立つことでしょう。

また、相手先の上司などにこちらが感謝していることが伝わって、その相手が良い評価をもらえることにも繋がる可能性があります。

こういった言葉がけは、関係を良好に保つためには欠かせません。

自分側にも相手側にとってもプラスになる良い循環が起きるように、面倒だと思わず日頃から心がけるようにしましょう。

「お願いして本当に良かったと思います」を使用した例文

『今回の件、○○様にお願いして本当に良かったと思います』
『○○さんでなければとても解決できませんでした。

お願いして本当に良かったと思います』
など、それほど堅苦しい表現ではないため、メールでも、口頭で直接伝えることもできます。

「お願いして本当に良かったと思います」の類語や言い替え

「本当に」「まことに」「実に」などの類語がありますが、これらは文章で用いられることが多い表現になります。

「良かったと思います」は、口語では「良かったです」という表現を使いがちですが、これは丁寧語であり、尊敬語ではないので注意しましょう。

まとめ

「お願いして本当に良かったと思います」は、依頼した相手に「私は困っていましたが、あなたに依頼したので解決しました、おかげで助かりました」という感謝の気持ちと、「あなただからこそできたのです、あなたは素晴らしいです」という相手を称賛する意味もある言葉です。

タイトルとURLをコピーしました