「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」とは? ビジネス用語

ここでは「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」とは?

「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」は、文章の締めに使われる表現です。

相手の健康やたくさんの幸せが訪れることを祈っているという意味になりますが、定型表現として使われるため、そこまで意味は気にせずにうまく定型文にして用いるものです。

多くは「これからのご健康とご多幸をお祈り申し上げます」のような文章になり、ビジネスでもメールの締めとしてよく使われます。

特に時期や季節を問わない表現のため、無難な締めの文言として用いられており、個人的な手紙やメールのやりとりでもよく使われます。

どちらかと言えばその方に向いている表現のため、それほどビジネス向けではなく、そちらのシーンで使うにはもっと適した表現があるので、以下でそれを紹介していきます。

「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」は、基本的には個人的な付き合いのある相手に対して使う表現です。

ビジネスシーンでもある程度の仲であれば使うことができますが、会社間のやりとりとなるとあまり向いているとは言えないため、無理ここの表現を使うことはありません。

どちらにしても定型表現として文末で用いるものなので、その相手やシーンに合っているかどうかだけのことだと考えていいでしょう。

つまり、意味はともかく、このような表現を使ってうまく文章を締められるかということの方が大切になります。

定型文に使われる挨拶表現は得てしてそのようなもので、下の類語で紹介するものがビジネスシーンではよく使われています。

「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」を使った例文

・『今後の皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます』
・『新しい一年を迎えるにあたりまして、ご健康とご多幸をお祈り申し上げます』

「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」の類語や言い替え

・『ご盛栄とご多幸をお祈り申し上げます』
この「ご盛栄」は、商売の繁盛という意味になる言葉です。

それを祈っていることからビジネス向けの表現となり、そちらのシーンで使う場合にはこちらの言い替えるのがいいでしょう。

『ご盛栄とご発展をお祈り申し上げます』

「ご多幸」の代わりに「ご発展」としていることから、使う相手の会社の商売繁盛と更なる発展を祈っていまあす。

よって、よりビジネス向けになっている表現です。

まとめ

「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」は、個人間で使われることの多い、文章の締めに使われる表現です。

ビジネスで使う場合には上で挙げた類語の方がよく、シーンに合わせてそれらをうまく使い分けてください。

タイトルとURLをコピーしました