「ご協力お願い申し上げます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご協力お願い申し上げます」とは? ビジネス用語

「ご協力お願い申し上げます」とは?

ビジネスにおける使い方や敬語での表現方法などを分かりやすく解説していきます。

「ご協力お願い申し上げます」とは?

「ご協力お願い申し上げます」は、相手に協力を願い出る場面で使用できる言葉です。

「協力」「力を合わせて何かの実現を目指すこと」です。

ともに力を合わせるような状況を「協力」という言葉で表現できます。

これは、援助を求めるニュアンスの「支援」「助力」などとは少し印象の違う言葉になります。

また、「お願い申し上げます」は謙譲語になっています。

「お願いする」の語尾に「申し上げる」を付与する事で、相手への敬意を言い表しているのです。

「ご協力お願い申し上げます」のビジネスにおける使い方、使うときの注意点

ビジネスで「ご協力お願い申し上げます」を使うときは、どんな使い方になるのでしょう。

たとえば、取引先に協力要請することにしたとします。

しかし、強要はできないため、相手の都合のつく範囲での協力要請になったのです。

このようなケースでは、「差し支えない範囲で、ご協力お願い申し上げます」と言うとよいでしょう。

これによって、相手に協力してもらいたいことを、上手に言い表せるのです。

この言葉を使用する場面では、「お願い申し上げます」の使い方に注意するべきです。

これは、「お願いします」もしくは「お願いいたします」で置き換える事ができます。

どれも同じ意味の言葉ですが、程度の違う表現になるのです。

実際の状況に合わせて、より適切な敬語表現を選択して使用するとよいでしょう。

「ご協力お願い申し上げます」を使った例文

「ご協力お願い申し上げます」を使った例文を挙げています。

例文のように、少し説明などを付け加えることで、さまざまな印象の表現を作り出せるのです。

・『もしよろしければ、ご協力お願い申し上げます』
・『差し支えない範囲で、ご協力お願い申し上げます』
・『これまでの同様に、ご協力お願い申し上げます』

「ご協力お願い申し上げます」の類語と敬語での言いかえ

「ご協力お願い申し上げます」の類語と敬語を解説していきます。

「ご協力お願い申し上げます」の類似表現

「ご協力お願い申し上げます」の類似表現は、「ご支援お願い申し上げます」が挙げられます。

「ご協力」「ご支援」は、同じようなニュアンスで使う事ができる言葉なのです。

「ご協力お願い申し上げます」の敬語表現

「ご協力お願い申し上げます」を別な敬語にするとどうでしょう。

たとえば「ご協力お願いいたします」に言いかえ可能です。

まとめ

このように「ご協力お願い申し上げます」は、相手に協力を願い出る場面で使用できる言葉だと言えます。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、しっかり活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました