「ご期待に添えるかわかりませんが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご期待に添えるかわかりませんが」とは? ビジネス用語

ここでは「ご期待に添えるかわかりませんが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご期待に添えるかわかりませんが」とは?

「ご期待に添えるかわかりませんが」は、何かを依頼された時に、相手が求めている内容に応えられるか分からないが、という解釈になる表現です。

それは分からないが、精一杯頑張る所存だというような使い方になり、口語、文章のどちらでも使うことができます。

文章の場合は「分かりませんが」の部分は漢字にする方が締まって見えるので、そのように使うことが多いです。

よって、自分では荷が重いと思われる依頼をされた時に使う表現になりますが、必ずしもそうとは限らず、一種の免罪符として用いている使い方もよく見られます。

つまり、それをこなせるか分からないとこの表現を使って先に伝えておくことで、もしうまくいかなかったとしても、何もこのようなことを伝えていなかった場合より悪い印象を持たれないようにするためです。

「ご期待に添えるかわかりませんが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご期待に添えるかわかりませんが」は、前述のように免罪符としてうまくいかなかった時のことを考えて使われることがあります。

使われた側としては、そのように使っているのか、本当に荷が重いと思っているのかの区別は難しく、こう伝えられた時点でうまくいかない(相手がうまくいかなかった)可能性も考えておかないといけません。

何かの役職などに任命された場合にも使うことができる表現ですが、その時には謙遜から用いることが多く、使われた側もあまり先のような心配をする必要はありません。

自分の分に合わないそのような任命を受けた際には礼儀として使うものと言えるため、そちらの使い方の場合はいわゆる定型表現だと考えていいでしょう。

「ご期待に添えるかわかりませんが」を使った例文

・『ご期待に添えるかわかりませんが、、精一杯努めさせていただきます』
・『何分若輩者ですので、ご期待に添えるかわかりませんが、謹んでお受けいたします』

「ご期待に添えるかわかりませんが」の類語や言い替え

・『ご期待に応えられるか分かりませんが』
少し表現は変わりますが、こちらを使っても意味は一緒です。

口語、文章のどちらでも「ご期待に添えるかわかりませんが」とほとんど変わることはないため、好きな方を使ってください。

まとめ

「ご期待に添えるかわかりませんが」は、その依頼や任命が自分には重いと表現するために使います。

それでも一生懸命やらせていただく、という文章にして使うもので、時にはそうとは思っていなくとも、一種の免罪符になるように用いることがあり、そのような使い方もできる表現です。

タイトルとURLをコピーしました