「ご検討の上ご返信ください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご検討の上ご返信ください」とは? ビジネス用語

ここでは「ご検討の上ご返信ください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご検討の上ご返信ください」とは?

この「ご検討の上ご返信ください」は、相手に何か判断をお願いする際に使います。

その判断の結果を知らせて欲しいと言っており、それを求めている表現です。

「返信」としていることから主にメールで使われますが、FAXを送り返してもらうような時にも見掛けることがあります。

「ご返信ください」という少々カジュアルな表現のため、目上の人に使うには向いておらず、客先に使う場合にもあまり推奨されません。

よって、このまま見掛けることは多くなく、多くの場合で語尾を「ご返信いただけますでしょうか」などとした丁寧な形で使われています。

こちらであればまず失礼にはなることはなく、ビジネスにも適しています。

「ご検討の上ご返信ください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「ご検討の上ご返信ください」は、先のように少しぶっきらぼうに聞こえてしまう表現のため、ビジネスではあまり使われません。

返信を求めているからにはそれを伝えないといけませんが、その伝え方がビジネス向けではなく、せめて「いただけますか」とするべきです。

このままの形で使っても構わないのは、こちらの方が立場が強く、それほど敬語表現を必要とすることのない相手に限られると考えてください。

そのような相手が対象であればビジネスで使えないこともありませんが、できれば上で挙げたようなもう語尾を少し丁寧にした形にした方がいいでしょう。

「ご検討の上ご返信ください」を使った例文

・『挙げてきました中で、いずれの機能が一番必要なのかご検討の上ご返信ください』
・『いずれの日程でご参加いただけますか、ご検討の上ご返信ください』

「ご検討の上ご返信ください」の類語や言い替え

「ご検討の上ご返信いただけますと幸いです」
ビジネスで使うなら、このような形にするべきです。

この「幸いです」では、言葉として返信を求めている意味になりませんが、表現として十分に返信を促していることになります。

これでもそれほど丁寧という訳ではありませんが、「ご返信ください」とするより失礼にならず、客先に使う場合にも向いています。

「ご検討の上ご返信いただきますようお願い申し上げます」
更に丁寧にした形で、誰に対してでも失礼なく使える表現です。

少々大袈裟に聞こえてしまいますが、客先や目上の人を相手に何らかの返信を求めるなら、これくらいの表現を使った方が印象を悪くすることがありません。

まとめ

「ご検討の上ご返信ください」は、相手に対して考えた上での返信を求めて使う表現です。

このままでは少々カジュアルなので、ビジネスで使う場合には語尾をもっと丁寧にした形にすることが求められます。

タイトルとURLをコピーしました