「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」とは? ビジネス用語

ここでは「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」の使い方やその際の注意点などを詳しく見ていきます。

「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」とは?

「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」は、何かの誘いを受けた際にその誘い自体は嬉しいのものの、お断りしたいという場合に使う表現です。

この表現だけでは断ったことにならないため、後ろに実際の断りの文言をつけて使いますが、そちらだけで使うより相手に対して失礼にならないために用いるものです。

つまり、本題はあくまでそちらであり、その前のクッション表現になります。

例として、後に「その日は既に予定がありまして~」のような断りの文言をつけるという具合で、その本題となる断りの表現を気持ち的に幾分マイルドにできるものだと考えてください。

「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」は、その誘いは嬉しいながらも断るために用いられますが、その嬉しいという感情を特にもっていない場合でも使うことができます。

むしろ、そのような使い方のための表現だと考えてよく、断りにくい誘いをうまく断るために使えるため、特にビジネスではなるべく角を立てずに断るために用いられるケースが多いです。

丁寧にするなら、「ご親切に誘っていただきましたのに申し訳ありません」とするとよく、口語、文章のどちらでも使える表現ながら、文章で用いられることがほとんどです。

それは、先のように断りにくい誘いに使うことが多いため、元々メールなどの文章の方が直接相手と話すより断りやすいためです。

「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」を使った例文

・『ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが、生憎その日は出張で出掛けておりまして、参加することができません』
・『ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが、所用と重なっているためご一緒するのは難しいです』

「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」の類語や言い替え

・『折角のお誘いではございますが』
こちらも断りの表現のためのクッションとして使うことができる表現です。

それによって「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」と同様に相手への伝わり方がマイルドになり、失礼になることもありません。

まとめ

「ご親切に誘っていただいたのに申し訳ありませんが」は、断りたい誘いをなるべく角を立てずに断るために使われます。

そのような文言の中でも丁寧な形で、これをつけて断ることでうまく失礼にならずにそれを行うための表現です。

タイトルとURLをコピーしました